ここから本文です

ACL済州戦、G大阪の遠藤が前半終盤に痛恨のオウンゴール! 直後にも失点…0-2の劣勢で後半へ

3/1(水) 19:51配信

Football ZONE web

G大阪は最前線のアデミウソンにボールを配給できない場面が続く

 ガンバ大阪はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)第2節、済州ユナイテッド(韓国)戦に臨み、前半終了間際にMF遠藤保仁のオウンゴールなど立て続けに失点。0-2で折り返した。

2017年「J1・J2・J3・ルヴァン杯全節対戦カード」&「Jリーグ年間日程」&「ACL・天皇杯・各代表日程」

 G大阪はACL初戦、同大会の08年決勝で勝利したアデレード(オーストラリア)に敵地で3-0の勝利。26日に行われたJリーグ開幕戦ヴァンフォーレ甲府戦は移動の負担もあってか1-1のドローに終わった。

 そのなかで迎えた済州戦は、甲府戦からスタメンをFW長沢駿からDF金正也に入れ替えたのみ。長谷川健太監督はDF登録の選手を先発に5人並べた。今季ここまでのG大阪は遠藤をアンカーに置き、両脇を今野泰幸と井手口陽介が固める新布陣を用いていたが、この日は三浦弦太、ファビオ、金正也の3人を最終ラインに配置する3バックを採用した。

 試合は序盤の5分、G大阪はペナルティエリア外左サイドでFKを与えると、済州がトリックFKを仕掛ける。MFイ・チャンミンのグラウンダーシュートがG大阪の選手に当たって右ポストに当たると、そのこぼれ球から最後はFWマルセロに頭でゴールネットを揺らされた。しかし直前に今野へのファールがあったとし、得点は認められなかった。

 その後もG大阪は済州の攻勢に後手を踏む展開となり、最前線のFWアデミウソンに効果的なボールが配球できない場面が続いた。それでも前半終盤にはGK東口順昭がゴールライン上でかき出すビッグセーブを見せた。

 しかし同42分、左サイド深い位置で与えた直接FKで、ニアサイドのストーン役として配置された遠藤のヘディングでのクリアが、ゴール左隅へと収まってしまう。終了間際の痛恨のオウンゴールの直後にはMFイ・チャンミンに追加点を許し、0-2とされる最悪の展開のまま後半へ突入する。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:3/1(水) 19:51
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新