ここから本文です

「お前が言うな!」を覚悟のうえで、それでも僕が言いたいこと 乙武洋匡がミッツに激白【前編】

現代ビジネス 3/1(水) 11:01配信

 「不倫騒動が起きた後は、何を考えていたんですか? 「炎上に加担している人は思考停止していてダサい」

 ベストセラー『五体不満足』の著者で、コメンテーター以外にも教育者やスポーツライターの側面も持つ乙武洋匡氏。昨年3月に不倫騒動が起き、一時活動を休止せざるを得なかった心中とはーー。

 歯に衣着せぬ物言いで、メディアに引っ張りだこのミッツ・マングローブ氏がズバズバ斬り込んでいく、異色の2人の特別対談前編。

 取材・文/田中亜紀子

むしろイジってください

 乙武 ミッツさん、よくこの対談を受けましたね。いま、僕と絡んでもいいことなんてないですよ(笑)。

 ミッツ それはお互い様じゃないですか(笑)? 
 乙武 そんなことないですよ。でも、今回の対談受けていただき、本当にありがとうございます。とにかくミッツさんにお会いしたかったんですよね。ずっとミッツさんと飲みたかったけど、忙しい方なので、仕事を絡めれば会えるかなって思って。それで、今回の対談のお相手を、ミッツさんにお願いしたんです。公私混同(笑)

 ミッツ 忙しいというか出不精なんですよ。知らない所に行くのは気後れしてしまう性格、というか、面倒くさがりなのでね。

 乙武 いやいや、ミッツさんは気遣いをする人なんですよ。こうしてお会いするのは3回目ですね。数年前にLGBTのイベントでお会いしたのがはじめて。2回目が、去年の「騒動」の直前だったかな。一緒に飲んだ時に「あ、ミッツさんはだいたいこういう感じね」とわかったんです。

 ミッツ なにがわかったんですか(笑)。

 乙武 僕がぶっちゃけても平気な人だと。僕もいろんな方を見てきていますが、ミッツさんと話していると、どんなにブラックでも、どんなに弱くても、受け止めてもらえそうだなという安心感があるんですよね。この人の懐の深さなら、僕のありのままを見せても大丈夫だと。

 この対談の直前に、「5時に夢中!」(東京MXテレビ)でミッツさんと共演させていただいたんですが、番組放送後、Twitterで視聴者の反応を見ていたんですよ。

 ぶっちゃけトークにみなさん大盛り上がりでしたけど、一番うれしかったのが「ミッツさんが乙武さんのことが好きすぎるのがわかる。狙ってるのかしら」ってやつ。思わずリツイートしようかと思いました(笑)。

 ミッツ (笑)。私は、学生の頃に『五体不満足』を読んでいたので、初めて会った時から違和感なくお付き合いさせていただいています。

 ちなみに私は、寛容じゃない。好奇心旺盛なだけです。特に下半身の(笑)。そういうことは、乙武さんの本に書いてないから、直接聞いてみたいなと思ってただけ。

 でも、今日の「5時に夢中!」、乙武さんがゲストにきているのに、視聴者への質問・テーマが「あなたの性欲は強いですか」ってどうよ(笑)。まあ、確信犯的なんだろうけど。

 乙武 すごかった。テーマを聞いたとき、大谷翔平ばりの160キロ級のストレートが飛んできたな、と。

 ミッツ スポーツライターっぽさが出てる表現ですね(笑)。乙武さんは、ぬかりないというか如才ない。テレビの共演は初だったけど、なんか、キャラというか落としどころが、騒動の前より盤石になった感じがしました。

 最近どう? と聞かれた時に、「荒波のあとの火だるまです」の一言で返すんだから。すごいなと思った。もとからそういうことを言える人だとは知っていましたけど(笑)。

 乙武 僕にとって今、一番ツライのは、腫れ物に触るように扱われること。そういう意味では今日はいい感じでイジっていただきました。

 ミッツ 私は「5時に夢中!」の金曜日のMCを担当しているんだけど、私の回は、はからずも「渦中の人」がゲストに来ることが多いんです。番組としてもそれが売りになる。3年前にのりピー(酒井法子)がゲストに来たときも、ジョギングの話をひとしきりした後に彼女が一言、「私が健康のこと語るなって感じでしょ」って(笑)。

 乙武 すごいね(笑)。

 ミッツ さすがだな、と思った。のりピーが来てるというだけでも緊張するのに、さらに大きな騒動の後だったから、それこそちょっと腫れ物に触るように接していた。ゲストとしてどういうふうに振る舞われるんだろうなと思ってたら……そんなきれいな自虐の仕方があるんだな、ってちょっと感動しました。

 乙武 うーん、見習いたい(笑)。

 ミッツ うちらがそれやってもかわいくもなんともないですけど(笑)。あと華原朋美さんが一時的に芸能活動を休止されていて、そこから復帰した時に「5時に夢中!」に出てくれたんですが、カメラに向かって、「中森明菜さん、私も復帰できたんでがんばってください」って(笑)。

 乙武 それはパワープレーだなぁ(笑)。

1/4ページ

最終更新:3/1(水) 14:46

現代ビジネス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

「現代ビジネスプレミアム」

講談社『現代ビジネス』

月額1000円(税抜)

現代ビジネスプレミアムは「現代ビジネス」の有料会員サービスです。2万本以上の有料記事が読み放題!会員だけの特別記事も配信。豪華ゲストによるセミナーも開催中。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

Yahoo!ニュースからのお知らせ(3月30日)

  • ITmedia ヘルスケアの配信が終了しました。