ここから本文です

ひな祭りを盛り上げる!ちらしずしと一緒に食べたいおかず5選

3/2(木) 11:30配信

東京ウォーカー

■ 目にも楽しい!お祝いの席にピッタリなレシピをご紹介

3月3日は女の子が心待ちにしているひな祭り。ひな祭りといえば、ちらしずしが定番ですが、それに合わせるおかずメニューは? と聞かれるとなかなか思いつかないもの。今回は、そんなひな祭りの食卓に「あと一品」のお役立ちレシピをご紹介します。

はまぐりの潮汁



■ シャキシャキ感がクセになる「せん切り大根のサラダ」

<材料2人分>

大根…4cm(300g)、ハム…1枚、ドレッシング(パセリのみじん切り大さじ1、酢大さじ1と1/2、サラダ油大さじ3、塩小さじ1/2、こしょう少々)

<作り方>

1.大根は皮をむき、縦に薄切りにしてから繊維に沿ってせん切りにする。水に放してシャキッとさせ、水けをきる。ハムもせん切りにする。

2.ボウルにドレッシングの材料を合わせて混ぜ、1を加えてあえる。

ハムの塩気と大根の甘みがよく合います。薄く細く切って、水にさらすとシャキシャキ感UP!箸休めにもピッタリの一品。



■ ひな祭りには欠かせない汁物「はまぐりの潮汁」

昆布とはまぐりのみでだしをとった、やさしい味付けのお吸い物。付け合わせのセリで、春を感じられる一品です。



■ 彩りあざやかな「野菜たっぷりテリーヌ」

型は牛乳パックで簡単に作れます! 野菜がたっぷりと摂れるメニューで、おいしいだけでなく、華やかな見た目もポイント。



■ 子供も手にとって食べやすい!「チューリップのから揚げ」

これさえあれば、ひな祭りの食卓で肉好きさんも満足できるはず。飾りつけはみんなで楽しく作ると盛り上がりますよ。



■ 料亭でも出てきそう!「鍋蒸し茶碗蒸しのえびあんかけ」

プルプル食感の茶碗蒸しに、えびのあんをかけるだけのお手軽レシピです。ひと手間加えて、パーティ仕様に大変身!



どれも手間もかけずに作れるので試してみてくださいね。1年に1度の大切な日。華やかな食卓で、女の子の健やかな成長と幸せを願いましょう。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:3/2(木) 11:30
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

今日のカレーなんにする?
夏、カレー!この一冊で全網羅
イベント&スポット総数60軒
この夏、絶対したいこと。