ここから本文です

政府も後押しをスタート!? 3人に2人がやりたいと思っている副業・兼業ってどんなこと!?

Suits-woman.jp 3/2(木) 12:00配信

最近、副業や兼業でお小遣いを増やしている人が増えているってご存じですか!? 政府も年度内に「モデル就業規則」内の副業・兼業禁止規定を「原則容認」に転換すると発表し、働き方の改革を推進しているのだとか。そこで今回はみんなの副業・兼業事情をチェック!

人材紹介事業を運営する株式会社UZUZが、20代の就活経験のある男女101人に行なった調査によると、会社に勤めながら副業・兼業をしてみたいと思っている人は約3人に2人(68.5%)と判明。さらに政府が推進する働き方改革による副業・兼業の容認を賛成する人は9割を超えることがわかりました。

では実際に副業・兼業をしたことがある人はどれくらいいるのでしょう。

■これまでに、正社員として会社に勤めながら副業・兼業をしたことがありますか?
・副業・兼業をしたことはない  86.4%
・副業・兼業をしたことがある  13.6%

<副業・兼業経験者への質問>
■副業・兼業をした当時、会社では副業・兼業が許可されていましたか?
・許可されていた  44.4%
・許可されていなかった  55.6%

■副業・兼業をしていた当時、副業・兼業のみで月にどのぐらいの収入を得ていましたか?
・5万円未満 女性100.0%/男性71.4%
・5万円以上10万円未満 男性14.3%
・20万円以上 男性14.3%

こうしてみると、副業・兼業をしたことがある人は1割ちょっと。そのうち半数以上が会社に内緒で行なっていることがわかりました。また当時の副業・兼業収入は、女性の全員が「5万円未満」、男性も7割以上が「5万円未満」ということが明らかに。ちなみに平均月収額は4万1,000円、最小月収額は1万円、最大月収額は20万円でした。

では実際はどんな副業・兼業が人気なのでしょう。

人気の副業はアフィリエイター!?

まず、副業・兼業をしたいと思う理由から尋ねてみると、最も多かったのはやはり「収入を増やすため」で男性31.0%、女性36.9%。次いで「趣味を仕事にしたいため」で、男性18.6%、女性23.1%でした。また「人脈をつくるため」は、女性が3%程度だったのにもかかわらず、男性は12%以上となり、男女差がかなり大きいことがわかりました。

■副業・兼業をしたいと思うのはなぜですか?
【男性】
1位 収入を増やすため(31.0%)
2位 趣味を仕事にしたいため(18.6%)
3位 本業では感じられないやりがいを感じるため(14.2%)
4位 本業以外のスキルを身につけるため(12.4%)
4位 人脈をつくるため(12.4%)

【女性】
1位 収入を増やすため(36.9%)
2位 趣味を仕事にしたいため(23.1%)
3位 本業以外のスキルを身につけるため(16.9%)
4位 本業では感じられないやりがいを感じるため(10.8%)
5位 本業のスキルアップなど相乗効果を見込めるため(7.7%)

さらにどんな仕事に興味があるかを尋ねてみると、女性は「ライター」や「デザイナー」が多く、男性は「アフィリエイター」が最も多いことがわかりました。

■もし今後、副業・兼業をするとしたら、どのような仕事に興味がありますか?
【男性】
1位 アフィリエイター(19.0%)
2位 販売職・サービス業(15.2%)
3位 プログラマー(14.3%)
3位 ライター(14.3%)
5位 不動産関連業(賃貸オーナーなど)(9.5%)
6位 事務職(7.6%)
6位 営業職(7.6%)
8位 デザイナー(6.7%)

【女性】
1位 ライター(27.3%)
2位 イラストレーター(13.6%)
2位 デザイナー(13.6%)
4位 不動産関連業(賃貸オーナーなど)(12.1%)
5位 事務職(10.6%)
6位 販売職・サービス業(9.1%)
6位 アフィリエイター(9.1%)
8位 営業職(3.0%)

ではみんな副業や兼業でどのくらいの収入を求めているのでしょう。自由回答で尋ねてみると、最も多かった回答は女性が「1~9万円」で約4割、男性は「10~19万円」で約3割でした。

■もし今後、副業・兼業をする場合、どのぐらいの収入を得たいと思いますか?
・1~9万円  女性39.5%/男性21.1%
・10~19万円 女性20.9%/男性29.7%
・20~59万円 女性16.3%/男性12.3%
・60~99万円 女性7.0%/男性5.3%
・100~499万円 女性14.0%/男性22.8%
・500万円以上 女性2.3%/男性8.8%

ちなみに平均希望額は70万円、最少額が1万円、最大額はなんと700万円!でした。

こうしてみると、副業・兼業に興味はあるけど実際にできていない人が多いことがわかります。今後政府や企業からの後押しがあれば、副業・兼業は始めやすくなり、個人の活躍の場はかなり広がりそうですね。

最終更新:3/2(木) 12:00

Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。

Yahoo!ニュースからのお知らせ