ここから本文です

社員のモチベーションを上げる「ボーナスよりも効果的な方法」

3/2(木) 9:10配信

ライフハッカー[日本版]

Inc.:「現金が一番効く」とは、良く言われることです。給料日のことを考えるとやる気が湧いてくる、というのも誰でもあることでしょう。けれども、社員の能力をフルに発揮させるために金銭的な報酬をちらつかせてけしかけるのは、良い方法ではないのかもしれません。

【社員のやる気、ボーナスでは引き出せない?】

「直観的には違うように感じるかもしれませんが、私は個人的に、ボーナスはそれほど役に立たないと感じています」。データ復旧と事業継続マネジメントサービスを提供するAxcientの共同創業者でもあるJustin Moore最高経営責任者(CEO)は、Inc.comに対し、そう語っています。

「仮に、あなたが私の部下だとしましょう。そして私たちは1月に、あなたが今年1年間で達成すべき大変重要な目標を3つ決定し、目標を達成したら私がボーナスを払うということで合意したとしましょう。あなたはその目標に的を絞って仕事をするつもりでしたが、1年の半ばを過ぎたところで優先事項が変わってしまいました。その場合はどうしますか? 困りますよね」

けれども、Moore氏が年次ボーナスを好ましい方法だと思っていないのは、柔軟性に欠けているからだけではありません。「目的意識を持って取り組むのは、やり遂げれば個人的に報われるからであって、最後に大金が手に入るからではありません。金銭的なインセンティブは、一定の状況下では効果がありますが、長い目で見れば創造性が損なわれ、真の達成感が得られないことがわかっています」とMoore氏は言います。

では、Axcientでは、社員のやる気を引き出すのに、ボーナスではなくどんなやり方を採用しているのでしょうか? それは、社員の意欲向上に結びつくとは多くの人が思いつかないこと、つまり「評価基準の設定」です。十分に考え抜いた上で評価基準を設定し、その基準を達成した人を公に評価する方が、年次ボーナスをちらつかせるよりも、チームからより多くの結果を引き出せる、とMoore氏は力説します。では、「適切な評価基準」とはどういうものなのでしょうか?

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。