ここから本文です

【自転車レース】ツール・ド・ランカウイでギボンズが総合初優勝

3/2(木) 13:00配信

CYCLE SPORTS.jp

中根英登がアジア人最優秀選手賞を受賞

マレーシアで開催されていた第22回ツール・ド・ランカウイ(アジアツアー2.HC)は、3月1日にセティワワングサからプトラジャヤまでの121kmで最終日の第8ステージを競い、南アフリカのライアン・ギボンズ(チームディメンションデータ)が、総合初優勝した。

これで南アフリカのチームディメンションデータは、3年連続でツール・ド・ランカウイを制したことになる。MTN・クベカのチーム名称で参加した2015年はアルジェリアのユセフ・レグィグィ、昨年は南アフリカのレイナルト・ヤンセバンレンスブルクが総合優勝した。

ギボンズは昨年チームディメンションデータのファームチームであるUCIコンチネンタルチームのディメンションデータ・フォー・クベカに所属。夏にはスタジエ(見習い選手)としてチームディメンションデータで走り、今季正式に契約したばかりだった。

「マレーシアに来る前には、最終的に自分がイエロージャージを着てここに座っているだろうなんて考えもしなかった。チームは僕をとても信頼してくれていたが、プロ1年目の2レース目でリードする責任があった。今週、夢が実現するだなんて想像もできなかった。イエロージャージを着ていて、調子もよくて、自分自身を信じていても、すごくストレスがあったよ」と、ギボンズは語っている。

最終ステージは米国のトラビス・マッケーブ(ユナイテッドヘルスケアプロフェッショナルサイクリングチーム)が集団ゴールスプリントを制して優勝し、今大会2勝目を上げた。

日本勢は中根英登(NIPPO・ヴィーニファンティーニ)がアジア人選手で最高位の総合12位でレースを終え、アジア人最優秀選手賞を受賞した。


■第8ステージ結果[3月1日/セティワワングサ~プトラジャヤ/121km]
1 トラビス・マッケーブ(ユナイテッドヘルスケアプロフェッショナルサイクリングチーム/米国)2時間39分00秒
2 アンソニー・ジャコッポ(アイソホエイスポーツ・スイスウエルネス/オーストラリア)
3 リッカルド・スタッキオッティ(NIPPO・ヴィーニファンティーニ/イタリア)
4 ライアン・ギボンズ(チームディメンションデータ/南アフリカ)
5 モハドシャフルル・マットアミン(テレンガヌサイクリングチーム/マレーシア)
6 アンドレア・パリーニ(アンドロニジョカットリ/イタリア)
7 マルコ・マロネーゼ(バルディアーニ・CSF/イタリア)
8 エンリーコ・バルビン(バルディアーニ・CSF/イタリア)
9 フィリッポ・ポッツァート(ウィリエールトリエスティーナ/イタリア)
10 メクセブ・デベサイ(チームディメンションデータ/エリトリア)
18 中根英登(NIPPO・ヴィーニファンティーニ/日本)
21 伊藤雅和(NIPPO・ヴィーニファンティーニ/日本)
53 早川朋宏(愛三工業レーシングチーム/日本)+13分48秒
77 黒枝士揮(愛三工業レーシングチーム/日本)+13分48秒
80 住吉宏太(愛三工業レーシングチーム/日本)+13分48秒
96 小森亮平(愛三工業レーシングチーム/日本)+13分48秒
97 小林海(NIPPO・ヴィーニファンティーニ/日本)+13分48秒

[第22回ツール・ド・ランカウイ 個人総合最終成績]
1 ライアン・ギボンズ(チームディメンションデータ/南アフリカ)29時間04分57秒
2 キャメロン・バイリー(アイソホエイスポーツ・スイスウエルネス/オーストラリア)+33秒
3 アルベルト・チェッキン(ウィリエールトリエスティーナ/イタリア)+35秒
4 ダニエル・ハラミリョ(ユナイテッドヘルスケアプロフェッショナルサイクリングチーム/コロンビア)+37秒
5 メクセブ・デベサイ(チームディメンションデータ/エリトリア)+41秒
6 クリス・ハーパー(アイソホエイスポーツ・スイスウエルネス/オーストラリア)+43秒
7 イーガンアーレイ・ベルナル(アンドロニジョカットリ/コロンビア)+43秒
8 ベン・オコナー(チームディメンションデータ/オーストラリア)+43秒
9 ティモティー・ロー(アイソホエイスポーツ・スイスウエルネス/オーストラリア)+43秒
10 フェルナンド・オルフエラ(マンサナポストボンチーム/コロンビア)+50秒
12 中根英登(NIPPO・ヴィーニファンティーニ/日本)+1分16秒
26 伊藤雅和(NIPPO・ヴィーニファンティーニ/日本)+6分09秒
33 早川朋宏(愛三工業レーシングチーム/日本)+15分55秒
72 黒枝士揮(愛三工業レーシングチーム/日本)+51分15秒
81 住吉宏太(愛三工業レーシングチーム/日本)+57分27秒
84 小森亮平(愛三工業レーシングチーム/日本)+57分48秒
96 小林海(NIPPO・ヴィーニファンティーニ/日本)+1時間04分39秒

[各賞]
■スプリント賞:ライアン・ギボンズ(チームディメンションデータ/南アフリカ)
■山岳賞:ジョンクロンボア・エブセン(インフィニットAISサイクリングチーム/デンマーク)
■アジア人最優秀選手賞:中根英登(NIPPO・ヴィーニファンティーニ/日本)

最終更新:3/2(木) 13:00
CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年10月号

株式会社八重洲出版

10月号
毎月20日発売

特別定価890円