ここから本文です

【自転車レース】アジア選手権エリート女子ロードレースで吉川美穂が銅メダル獲得

2/28(火) 13:20配信

CYCLE SPORTS.jp

個人TT3位の梶原悠未は5位でフィニッシュ

アジア選手権ロード4日目エリート女子は、吉川美穂がスプリントで3位に入り、銅メダルを獲得した。

エリート女子ロードレースは、朝8時にスタートしたジュニア男子と同じ、バーレーン・インターナショナル・サーキットの周辺道路12.8kmを7周回するレースだ。日本チームは最大4人出場枠に対して梶原悠未と吉川美穂の2人。選抜されていた上野みなみが負傷欠場したため、中国や香港、韓国などの国が4人で戦うなかで人数面での不利をどう補うかがポイントとなった。

しかし、「ほとんどすべてのアタックに対応した」(梶原)と超人的な働きでレースをさばき、「これはマズイ」(吉川)という中国ら4人の逃げに吉川がブリッジ。5人となって勝ち逃げを形成。そのまま逃げ切って、スプリントで吉川が3位に入着。後続集団をふりちぎって前に上がった梶原が5位という見事な結果となった。

吉川美穂のコメント:
終盤、焦ってアタックに過剰に反応して、最後の最後に脚を攣ってしまった。来年勝てばいいですよね? 来年はもっと仕上げてきます!

梶原悠未のコメント:
決まる逃げに日本から1人乗れたのはよかった。自分は追走のチェックに入って、見逃すことなく走れた。最後は中国2人と一緒になったので、置いていきました。


第37回アジア自転車競技選手権大会ロードレース
2月28日

エリート女子ロードレース(89.6km)
1位 YANG Qianyu Hong-Kong HKG 2:32:50
2位 NA Ahreum Korea KOR 2:32:50
3位 吉川 美穂(和歌山・Live GARDEN BICI STELLE)2:32:50
5位 梶原 悠未(埼玉・筑波大学)2:33:28

大前仁

最終更新:3/2(木) 13:11
CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年10月号

株式会社八重洲出版

10月号
毎月20日発売

特別定価890円