ここから本文です

バルサ率いるエンリケ監督、今季限りでの退任を発表。2季で8個のタイトルを獲得

3/2(木) 9:21配信

フットボールチャンネル

 バルセロナが1日、ルイス・エンリケ監督が今季限りでチームの指揮官を退任すると発表した。現地時間1日に行われたスポルティング・ヒホン戦の試合後に退任の意向を示したという。

バルサ首位に浮上 リーガ・エスパニョーラ【最新順位表】

 エンリケ監督は2014/2015シーズンからバルセロナを率いて戦い、就任1年目と2015/2016シーズンでバルセロナを2度リーグ優勝に導いた。さらにコパ・デル・レイ優勝を2回、チャンピオンズリーグ優勝を1回、クラブW杯などでもタイトル獲得を経験している。

 オフィシャルサイトを通じてエンリケ監督は最初に「非常に考え抜いた末の決断」と語り「この職業において、常にチームの成長と改善を模索しながら生きていかなければならない。つまり、息つく暇がないほど休息が短いことを意味する。今季が終了すれば、休養に入るだろう」と理由を説明した。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)