ここから本文です

「女の悩み」にズバリ回答!「仕事と子育て。時間に追われないコツは?」

3/3(金) 20:00配信

東京ウォーカー

人間関係、仕事、子育て……女の悩みはいつまでもどこまでも続いています。だからこそ、一人で抱えていないで、誰かに相談してみませんか。今回はキャリアカウンセラーの小島貴子さんが、働く母のお悩みにアドバイス!

【写真を見る】具体的なアドバイスに定評のある、キャリアカウンセラーの小島貴子さん



【お悩み】

1年前、子どもが小学校4年生になり手がかからなくなったのを機に、昼間のパートを始めました。徐々にシフトを増やし、現在は週5日働いています。15時に上がったら急いで帰り、大急ぎで家事と夕食の支度。夜は子どもの相手と片づけでぐったり。毎日息つく暇もなく、最近、家族にも丁寧に接することができていない気がします。仕事は続けたいのですが、時間に追われないコツはありますか。(兵庫県 うめ 40歳)



【小島さんの回答】

働きながら家事・育児って、忙しいしたいへんですよね。私も出産後、専業主婦を経て働き始めて数年はグチャグチャでしたが、生活習慣の優先順位を変え、「使わないことば」を決めたら気持ちに余裕ができました。「急いで」ということばを、家族に使わないと決めたんです。急がせても大して変わりませんから。「慌てるよりも丁寧に」を心がけましょう。

15時にお仕事が終わって家に帰ったら、まずゆっくりとお茶を飲む。お子さんが帰宅して、「あぁ~家がホッとする」と感じられるよう心の準備です。勉強やら友人関係やら、子どもは子どもなりの気苦労があります。家に帰っても母親にせわしなく追い立てられたら、たまったもんじゃありません。

次はお風呂でリラックス。帰宅したお子さんをお風呂に誘ってみましょう。一緒に入れるようなら、それもいいでしょう。湯冷めしないように気をつけながら、親子で一日を語りませんか? それから、夕食の段取りや宿題、翌日の準備をします。宿題→食事→テレビ→お風呂→就寝の一般的なサイクルを見直してみてください。習慣だけど、変えてみると意外とうまくいくことってありますよ。

毎日はたいへんならば、週1のごほうび入浴日をつくるのもいいですね。「急がない」とことばに出すと自分自身のペースメイクにもなります。「忙しい」と思う気持ちを手放して、「丁寧な生活」へ、意識変化を目指しましょう。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:3/3(金) 20:00
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

今日のカレーなんにする?
夏、カレー!この一冊で全網羅
イベント&スポット総数60軒
この夏、絶対したいこと。