ここから本文です

侍ジャパンを“忍者野球”で応援するWEBムービーが公開

3/3(金) 20:37配信

ザテレビジョン

間もなく開幕する世界最高峰のベースボール・トーナメント「2017 WORLD BASEBALL CLASSIC」。日本通運では、大会を盛り上げるべくWEBムービー「NINJA BASEBALLER」を制作。日本通運の「侍ジャパン」応援特設サイトなどで公開されている。

【写真を見る】「NINJA BASEBALLER」のスーツがはじけ飛ぶと、中からは“野球選手の魂”が登場!

ことしで4回目の開催となる「WORLD BASEBALL CLASSIC」(以下WBC)のグローバルスポンサーとして、世界一奪還を目指す野球日本代表「侍ジャパン」の挑戦を応援している日本通運。

今回、「個」の技術と「チーム」としての力で、世界を舞台に活躍する「侍ジャパン」の選手たちに自社の活動をなぞらえ、WBCの開幕に合わせたスペシャルムービーを制作。

ムービーでは、「侍」同様世界中で認知されている「忍者(NINJA)」をモチーフに、野球の“走・攻・守”とNINJAの“特殊技能”を融合させた、ダイナミックかつ華麗なアクションを展開。それらを最新のCG技術を駆使した神秘的かつクールな世界観で表現している。

黒を基調とした近代的な「NINJA BASEBALLER」のコスチュームデザインは、独創的な造形センスで、さまざまな衣装やキャラクターデザインを手掛ける、新進気鋭のスタイリスト・竹之内レミが担当。

ボディスーツの素材は、動きやすいように革で手作りしたオリジナルのもの。仮面は日本通運の輸送手段である「陸」「海」「空」をモチーフに、全部で5種類を制作。

昔ながらの忍者のイメージに現代的なエッセンスを加えることで、「MOST VALUABLE LOGISTICS PLAYER」をテーマにした作品にふさわしい、斬新かつスタイリッシュな「NINJA BASEBALLER」のキャラクターを生み出した。

背景や手裏剣、変身シーンなどは最新のCG技術により、近未来を感じさせるスピード感あふれるクールな映像に。また、音楽は和を感じさせる旋律と楽器を使用し、ストーリーが進むにつれてドラマチックに展開するオリジナル音源で盛り上げていく。

「侍ジャパンの世界一を応援したい」という思いが込められた本ムービーと共に、世界一奪還を目指す侍ジャパンの活躍に期待しよう。

最終更新:3/3(金) 20:37
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)