ここから本文です

ルーニー、今季終了後に移籍? 13年ぶり”古巣復帰”と”年俸引き下げ”を検討か

3/3(金) 7:01配信

フットボールチャンネル

 マンチェスター・ユナイテッドに所属する31歳のイングランド代表FWウェイン・ルーニーが、今季終了後のエバートン移籍を検討しているようだ。2日に英紙『スカイスポーツ』が報じている。

【動画】やはり危険な技だった! キャプ翼必殺シュート挑戦

 これまでユナイテッドのエースとして活躍してきたルーニーだが、昨年夏にズラタン・イブラヒモビッチが加入したことに加えて指揮官がジョゼ・モウリーニョ監督に代わったことで出場機会が減少。今季は公式戦29試合に出場し5得点10アシストを記録しているもののベンチスタートが多い状況となっている。

 同紙は、イブラヒモビッチがユナイテッドとの契約延長を考えていることに加えてアトレティコ・マドリーに所属するアントワーヌ・グリーズマンの獲得を狙っていることから「ルーニーの13年間のオールド・トラフィードは終わりに近づいている」とコメントし、近いうちに移籍すると示唆している。

 また、英紙『メトロ』によると、エバートンとの契約をスムーズに行うため、年俸の引き下げにも応じるつもりとのこと。中国移籍について否定したルーニーだが、2004年まで在籍したエバートンには、13年ぶりの復帰となるのだろうか。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)