ここから本文です

【月報・青学陸上部】原監督が描く「箱根から世界的マラソン選手への道」

3/3(金) 14:30配信

webスポルティーバ

極私的! 月報・青学陸上部 第30回

 東京マラソン2017。

 中村祐紀が嬉しそうな表情で東京駅前のゴールに飛び込んできた。タイムは、2時間12分55秒(日本人8位)。昨年の下田裕太の2時間11分34秒(2016年の日本人2位)には及ばないものの、初マラソンで学生1位となり、上々の結果を残した。

【写真】箱根から世界を走った「早稲田の竹澤健介」が、初めて語る引退の真相

「ようもったね。練習で42.195kmを走っても40kmで止まる男がよくがんばったよ」

 原晋監督は1ヵ月前の状態を思い出して、そう笑った。

 1月、富津ではマラソン合宿が行なわれていた。

 メンバーは、びわ湖毎日マラソンを走る一色恭志(4年)、東京マラソンを走る下田裕太(3年)と中村祐紀(3年)、静岡マラソンに出走予定の小田俊平(3年)の4人だ(※下田は右足痛のため、大会は欠場)。

 合宿初日に30kmを走り、最終日にフルマラソンを走ったが、中村は2時間32分前後のタイムで、「きつかった」と表情を歪めた。
「箱根が終わってから調子があまりよくないんです。もうちょっと走り込んで、神奈川ハーフ(マラソン)までに(調子を)上げていかないとヤバいですね」

 中村は疲れた足を引きずるようにして合宿を終えた。しかし、その後も調子が上がらず、神奈川ハーフの数日前にフルマラソンを走ったが40km付近で止まってしまった。東京マラソンまで1ヵ月を切り、原監督もさすがに不安な表情を隠せないでいた。

 ところが、2月5日の神奈川ハーフで、中村は63分10秒とまずまずの結果を出した。その後、宮崎合宿で走り込み、合宿後半はチーム練習から離れて、マラソンの調整をして、東京マラソンに臨んだ。

「初のマラソンだし、2時間15分を切れれば上々でしょう」

 原監督は、そう考えていた。

 レースは序盤から世界記録を視野に入れたハイペースになった。5kmを14分13秒、1km2分50秒ペースで、2時間2分57秒の世界記録が出た時よりも29秒ほど早いラップだった。

「序盤からハイペースで、これは厳しいなって思った」

 中村は世界のトップランナーたちとの差を感じつつ、第3集団の中で落ち着いて走っていた。5km地点での通過タイムが15分3秒、この時点でトップと50秒の差をつけられていたが無理をせず、自分のペースを守っていた。

 原監督は25km付近で中村の様子を見ていた。

 序盤こそまずまずだったが、20kmのラップを見て、「まずいなぁ」と思ったという。10~15kmは15分8秒だったが、15~20kmは15分34秒とペースが落ち始めていたのだ。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
4月13日発売

定価 本体1,472円+税

フィギュア特集
『羽生結弦 平昌への道』
■ヘルシンキの激闘
■宇野昌磨、本田真凜ほか