ここから本文です

トーレス、一時意識不明の事態に「恐怖を感じた」。ツイッターで無事を報告

3/3(金) 11:40配信

フットボールチャンネル

 現地時間2日にリーガエスパニョーラ第25節の試合が行われ、アトレティコ・マドリーはデポルティボと対戦し1-1の引き分けに終わった。この試合中、アトレティコ所属の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが相手との接触でピッチに頭を強く打ち病院に搬送されている。一時意識不明に陥ったものの、現在は意識を取り戻し無事であることをF・トーレスが自身のツイッターで報告した。

【動画】やはり危険な技だった! キャプ翼必殺シュート挑戦

 試合開始して65分にケビン・ガメイロとの交代でピッチに登場したF・トーレス。しかし85分、浮いたボールを追っていたF・トーレスの後ろから相手選手がタックル。不意打ちを食らったF・トレースは頭からピッチに落ち、そのまま意識を失っている。一時意識不明に陥ったが、医師による懸命な処置のお陰で現在の容態は安定している。

 F・トーレスは自身のツイッターを通じて「僕のために沢山の励ましのメッセージを送ってくれた人、気にかけてくれた全ての人々ありがとう。あの時は恐怖を感じた。早く復帰できることを願っているよ」とつぶやいた。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)