ここから本文です

女性社員に手出し、個人情報暴露「モンスター人事部」事例集

ダイヤモンド・オンライン 3/3(金) 6:00配信

 採用から退職まで人に関して幅広い業務を担う人事部。会社に欠かせない部署であることは間違いないが、人事部と聞くと給与や賞与、評価、異動などを思い浮かべ、なんとなくネガティブな印象がある、という人もいるのでは。今回、20~40代男女が「自分の会社にこんな人事部があったら困る」と感じる、絶対に関わりたくないモンスター人事部の事例を集めた。(取材・文/池田園子、編集協力/プレスラボ)

● 自社にいたらおしまい!? モンスター人事部

 採用から配置、評価、昇進・昇格、教育、労務、退職に到るまで、ビジネスパーソンの企業内でのライフサイクルを左右するのが人事部だ。近年は事務処理や労務処理が中心だった旧来型の人事ではなく、より戦略的な人事に転換すべきだとする「戦略人事」が注目されるなど、人事部を巡る話題は尽きない。

 そもそも人事部が担う役割は、人材を通じて組織を発展させることである。優秀な人材を採用し、適切な場へ配置し、組織全体を最適化する。さらに、社員が働きやすい環境を生み出す。組織は「生き物」だから、変化や動きに応じて、常に進化させ続けることも求められる。人事部は企業の核となる部署といっても過言ではない。

 とても重要な役目を果たす人事部だが、社員からは嫌われたり、恨まれたりしやすい部署でもある。社員によっては、想定外の部署に異動することになって出世コースを閉ざされたり、満足のいく評価をされなかったり、昇進・昇格が思うようにいかなかったり……そんな状況もある。そういった不満の矛先は人事部へ向かう。

 「会社のために真剣に考えてやっているのに」という人事部員のため息が聞こえてきそうだが、その一方で、中にはひどい人事部も存在する。私情を挟んで人事異動を決めたり、個人情報を漏らしたり、といった不届き者ともいえる人事部の、被害者になる人もいる。

 筆者は、これまでダイヤモンド・オンラインで、「モンスター◯◯」を度々取り上げ、実録として紹介してきた。今回は、通常の感覚では理解しかねるような「モンスター人事部」の事例を20~40代男女に聞いて集めてみた。こんなモンスター人事部とかかわったことはないだろうか。

● やむを得ない選択だったとはいえ 一社員を潰してしまった人事部

 まずは、モンスター度・初級(「筆者が集めたエピソードの中では比較的軽度であり、初級と分類してみた」と補足しておく)の事例から見ていきたい。本取材を通じて出会った「元・人事」だという女性は、自身が「投げやりな人事をするしかないときもあり、異動先で人材が“迷子”になったり、放置されたりすることもあった」と振り返る。

 「私が人事として働いていたのは、グループ全体で数万人を超える大企業でした。定期人事では原則、機構改革(※1)と個別人事(※2)の2つの流れで、多くの人員が異動します。その中でたまに発生するのが、“これといった異動先が見当たらず、投げやりに決めた人事”です。

 異動日前日に、異動先となる部署の社員から『明日から知らない人がうちに来るみたいなんだけど……?』と連絡がきて、こんなやりとりをしたことも何度かありました。

 『……すみません、◯◯さんのこと、よろしくお願いします』『◯◯さんって、何ができるの?』『うーん、今まで全然違う部署にいたので、そちらでの仕事はほぼ未経験です』『……じゃあ、どうしてうちの部署に来ることに?』『部署解体したものの、受け入れ先がなくて。そちらの部署だけ、人件費に余裕があったもので』『人が足りないとは伝えていたけど、誰でもいいって言ったわけじゃないよ(怒)』『すみません。でも、ここは教育からしていただきたいんです。どうかお願いします……』

 とはいえ、教育しようといっても、異動することになった社員は30代半ばの男性。未経験の分野を今さら学び、マスターするには厳しい年齢で、扱いづらさもあったのか、徐々に放置され、内勤事務のような仕事ばかりしていました。当然、評価も下がっていく一方で、その後も彼はいろいろな部署を転々とする存在になってしまったんです。

 実はこういう話は大企業の人事では珍しくなくて、適材適所を心がけていても、どうにもならないことはあるんです。悪意があって決めているわけではないので、モンスター人事部とまではいかなくても、彼みたいな社員からすると『人事部=鬼』だと思われてたんじゃないでしょうか。人事部もつらいです」(30代女性)

 ※1 不要になった部署を解体して、中にいた社員をどこかへ移したり、新しく必要になった部署を作って、そこに社員を配置したりするもの。
 ※2 1つの得意先を長く担当した社員を別の得意先に当てたり、人間関係がうまくいかない社員を別の部署に移したり、セクハラなどで懲戒になった社員を異動したりするもの。

1/4ページ

最終更新:3/3(金) 6:00

ダイヤモンド・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ダイヤモンド

ダイヤモンド社

17年4月1日号
発売日3月27日

定価710円(税込み)

特集 美術とおカネ 全解剖
アートの裏側全部見せます。
画廊儲けの裏側
芸大美大の末路

Yahoo!ニュースからのお知らせ