ここから本文です

THE RAMPAGE「音楽業界で暴れ回っていきたい」LDH発の大型新人グループが語る“決意表明”!

3/4(土) 7:00配信

BEST TIMES

EXILEや三代目J Soul Brothers、E-girlsらを擁するLDHから
今年の1月にメジャーデビューした大型新人グループ、
THE RAMPAGE from EXILE TRIBE。
2014年の結成後、武者修行ツアーやEXILE TRIBEグループの
ツアーへの帯同などで経験を積んできた彼らがこれから目指すものとは。

グループを代表し、リーダーのLIKIYA、陣、ボーカルの
吉野北人、川村壱馬、RIKUに話を訊いた。

 

 

 EXILEや三代目J Soul Brothersを筆頭に、各グループが多彩な活動を見せるEXILE TRIBEから、16人組の新グループ・THE RAMPAGEがデビュー!  発売中のシングル『Lightning』が彼ら初の音源リリースとなった。

LIKIYA[Performer] 結成から二年半のあいだ、武者修行ツアーや先輩方のツアーへの帯同でステージにも立たせていただき、いろんなことを勉強させてもらいました。これからは先輩方と同じ土俵で勝負していくことになるので、デビューの嬉しさを感じながらも、今は『俺たちもやってやろう』という気合いでいっぱいです。

 シングルの表題曲『Lightning』は、グループがスタートすることへの気合い・意気込みが存分に伝わってくる迫力満点のナンバーだ。

RIKU[Vocal] 自分達で限界を作らず、16人でひとつの夢を掴みにいこう……という覚悟を歌った楽曲です。今の僕らのマインドに合った曲ですし、聴く人の背中を押せる曲だと思うので、勉強でも仕事でも『頑張ろう!』というパワーが必要なときに聴いてほしいです。

吉野北人[Vocal] イントロの(川村)壱馬のラップから凄くインパクトがありますし、THE RAMPAGEの軸となるHIPHOP色も、ボーカル三人のカラーも存分に出ている曲だと思います。『新しい僕らならたどり着ける 約束の場所へ』というリリックにも、『これからさらに大きなステージで戦うんだ』という思いを込めていますし、自分たちを代表する曲になっていくと思います。

川村壱馬[Vocal] 自分が歌っている『何も無い場所から描き始めるヒストリー』という歌詞のように、これまでの常識をぶち壊して、何もない場所から自分たちのスタイルを築き上げていきたい……という思いを込めた楽曲です。THE RAMPAGE(暴れまわる)という名前のとおり、これから音楽業界で暴れ回っていきたいです。

 彼らの言葉にあるように、グループの特徴はHIPHOP色の強さと、荒々しさも感じるほどの迫力とパワー。『Lightning』のミュージックビデオでも、若さと勢いに溢れたアクロバティックなパフォーマンスを披露している。

陣[Performer] 鎖から解き放たれた猛獣のようなイメージで、闘争心むき出しで撮影しました。アクロバットなパフォーマンスが得意な浦川翔平がバク宙を披露したりと、メンバーの個性を活かしながら、自分たちで構成も考えて作っていきました。

 

このインタビューのつづきは、
現在発売中ので! 

 

 

BEST TIMES

記事提供社からのご案内(外部サイト)

出版社ベストセラーズの編集者が作る「感情を揺さぶる」情報マガジン「BEST TIMESベストタイムズ」。