ここから本文です

浦和、ホーム開幕戦で今季初白星。C大阪を3-1で下す

3/4(土) 15:52配信

フットボールチャンネル

【浦和レッズ 3-1 セレッソ大阪 J1 第2節】

 明治安田生命J1リーグ第2節が4日に行われ、浦和レッズとセレッソ大阪が対戦した。

2017年J1在籍選手、通算得点トップ10。1位と2位は同一クラブのFWがランクイン

 開幕戦で横浜F・マリノスに敗れて黒星発進となった浦和は、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)での連勝の勢いを国内にも繋げたいところ。開幕戦からは先発を2人入れ替え、関根と武藤が今季リーグ初先発となった。一方のC大阪は清武が開幕戦に続いてコンディション不良で欠場に。

 ボールを持ちながらもなかなかチャンスを生み出せなかった浦和だが、22分にチームの初シュートで先制点を奪うことに成功する。最終ラインでのゆっくりとしたボール回しから一気にスイッチを入れ、遠藤が前線へ縦パス。興梠のスルーしたボールを受けた武藤が反転からのシュートをゴール左へ突き刺した。

 さらに37分には浦和に追加点。武藤が右サイドの高い位置でボールを奪い、パスを受けたラファエル・シルバがシュート。GKに弾かれたボールをファーポストから興梠が押し込み、2点のリードを奪って前半を折り返した。

 後半も浦和優位の流れは変わらず、52分には追加点が生まれる。またも相手陣内でボールを奪うと、青木がそのままラファエル・シルバへスルーパス。GKとの一対一を冷静に制し、開幕戦での2ゴールに続く今季3点目を流し込んだ。

 C大阪もようやく反撃に転じ、59分に1点を返す。ソウザの左からのCKに新外国人DFヨニッチが頭で合わせてJリーグ初ゴール。流れの良くなったC大阪はさらなる反撃を試みるが、浦和もそれ以上のゴールは許さず2点差を維持して時間を経過させていく。

 結局そのままタイムアップを迎え、ホームの浦和が3-1で勝利。ホーム開幕戦で今季リーグ戦初勝利を挙げた。

【得点者】
22分 1-0 武藤雄樹(浦和)
37分 2-0 興梠慎三(浦和)
52分 3-0 ラファエル・シルバ(浦和)
59分 3-1 ヨニッチ(C大阪)

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)