ここから本文です

横浜FM新外国人コンビが2戦連続ゴール! 札幌に3-0と快勝し開幕2連勝で暫定首位浮上

3/4(土) 20:55配信

Football ZONE web

開幕戦に続くバブンスキー&ヴィエイラ弾! 2戦連続3得点と攻撃陣が絶好調

 横浜F・マリノスは4日にJ1第2節で北海道コンサドーレ札幌と本拠地ニッパツ三ツ沢球技場で対戦した。今季新加入のMFダビド・バブンスキーとFWウーゴ・ヴィエイラが揃って2試合連続ゴールを決めるなど、3-0と快勝。開幕前に前主将のMF中村俊輔(ジュビロ磐田)ら主力を大量放出したが、不安を吹き飛ばす快勝劇で開幕2連勝を飾った。

2017年「J1・J2・J3・ルヴァン杯全節対戦カード」&「Jリーグ年間日程」&「ACL・天皇杯・各代表日程」

 横浜FMはキャプテンの日本代表MF齋藤学や、浦和レッズとの開幕戦でゴールを決めたバブンスキーらを前線に並べた。対する札幌は、昨季まで横浜FMでプレーしていたMF兵藤慎剛がキャプテンマークを巻きピッチに立った。

 試合が動いたのは、スコアレスで折り返した後半開始早々の2分だった。左サイドの齋藤から浮き球のパスをエリア内で受けたバブンスキーが、華麗なボレーシュートを叩き込み、ホームの横浜FMが先制に成功。今季新加入のマケドニア代表アタッカーは、2試合連続ゴールと高い決定力を示している。

 さらに横浜FMは同9分、高い位置でボールを奪って独走した齋藤のシュートはGKに防がれるも、富樫が抜け目なく押し込んで追加点を奪った。そして同28分には途中出場のウーゴ・ヴィエイラが、MF天野純のクロスに飛び込んでダメ押しゴールをゲット。バブンスキーに続いてヴィエイラも2戦連発となった。

 横浜FMは新加入の助っ人がガッチリと噛み合い、2試合連続3ゴールと破壊力を見せている。年間10位に終わった昨季の雪辱を果たすべく、トリコロールの名門がスタートダッシュに成功し暫定首位に立った。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:3/4(土) 20:55
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新