ここから本文です

漫画「フルアヘッド!ココ」はなぜ心を揺さぶり続けるのか

3/5(日) 10:00配信

オトナンサー

 主人公の海賊「モンキー・D・ルフィ」が仲間と協力して、次々と降りかかる困難に立ち向かい成長していく漫画「ONE PIECE」は、これまで多くの読者を勇気づけた名作として広く知られた存在ですが、同作のような心揺さぶられる友情マンガは、ほかにもあるのでしょうか。

こんなにあった! 「加熱式たばこ」一覧

「マンガ担当書店員が全力で薦める本当にすごいマンガはこれだ!」の著書があり、名作漫画の復刊なども手掛ける、TSUTAYA三軒茶屋店の名物スタッフ・栗俣力也さんに聞きました。

失われた文明の謎に、果敢に挑む海賊たち

 栗俣さんが今回薦める作品は、1997年から2002年にかけて「週刊少年チャンピオン」で連載され、2013年に新装版が発売された海賊冒険漫画「フルアヘッド!ココ」です。

「『自分の限界を勝手に作るな、まだまだ頑張れよ』とビジネスマンの背中を後押ししてくれる作品です。仕事で行き詰まった時に読むと力が湧いてきますね」

 同作は「ココ」という孤児の少年が、海賊集団「スイートマドンナ」に加わり、幾多の困難や試練を乗り越えて、一人の人間として成長する様を描いた作品。物語は、かつて古代に存在していたとされる「ファルコン文明」を探し出すことを中心に進みます。

「失われた文明の謎に、果敢に挑む熱い血を持った海賊たちに、男性ならば、誰もが手に汗握るでしょう」

 ファルコン文明の手がかりを集める一行は、王国の首都にそびえる「ラーア城」の地下に当時の宝があることを突き止めます。この街は、スイートマドンナのメンバーであるピートの故郷。しかし彼らが訪れた街は、悪政によりすっかり変わっていました。

「ピートのかつてのフィアンセ、ロザーナ姫を助けるために、スイートマドンナが悪政と戦い、城を攻め落とすストーリーは何回読んでも熱くなりますよ」

「子どもの見本になるカッコいい大人で行け」

 また、栗俣さんは自身の過去を振り返り、子を持つ親としての“あり方”に迷った時に、本作に道を示されたといいます。それは、スイートマドンナの大人が、ココたち少年に時折見せる、その「背中」です。

「かつて、自分の一人娘と向き合う心が折れてしまったことがあります。その時に思い出したのもこの作品。『子どもの見本になるようなカッコいい大人で行け』と言われたような気がしました」

 スイートマドンナの船長であるジョン・バーツは、ココの父親代わりの存在です。ジョンは自らの行動を通して、人間らしく生きることや、他人との出会いの大切さをココに説きます。

「夢…愛…理想…そんな目に見えないモン追っかけるのを忘れちまったら、人間終いだぜ」

「なァココ、この無数の星々…人の出会いのようだと思わないか? 俺は街で(他人と)すれ違うだけのコトも、出会いのひとつだと思う」

1/2ページ

最終更新:3/5(日) 11:32
オトナンサー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

オトナンサー

株式会社メディア・ヴァーグ

日々報じられるニュースの中から気になる話題をピックアップし、掘り下げた記事や、暮らしに役立つ基礎知識などをお届けします。