ここから本文です

“3カ月無得点”のレスター岡崎 今季初の2連勝も「効果的でなかった」と英紙はチーム最低評価

3/5(日) 8:50配信

Football ZONE web

降格圏ハルとの残留争い直接対決を3-1で制す 最高点は決勝弾のマフレズ

 レスター・シティのFW岡崎慎司は、4日に行われたプレミアリーグ第27節ハル・シティ戦に先発出場。チームは3-1と快勝を収めたが、岡崎は得点に絡めず後半25分で途中交代となった。地元紙「レスター・マーキュリー」は、ゴール前で存在感を発揮できずに終わった岡崎に対し、チーム最低点という辛辣な評価を与えている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 最高点はこの試合で決勝点となる2得点目を決めたMFリヤド・マフレズの8点。「前半は今季全ての試合で言えるように物静かだった。しかし、お手本のように素晴らしい個の技術が光ったゴールを決めた」と評価している。

 一方、岡崎にはチーム単独の最低評価となる6点が与えられた。寸評では「何本かのクロスにいずれもわずかに届かず。多くの汗をかいたが、攻撃的な機能性の面ではそれほど効果的でなかった」と不十分な貢献であったと指摘された。

 試合前、15位のレスターは降格圏に沈む19位ハルと勝ち点3差の状況だったが、残留の命運を分ける重要な”シックスポインター”を制することに成功した。前節リバプール戦から今季初のリーグ2連勝を収め、王者レスターにようやく昨季のような力強さが戻ってきたが、昨年12月3日の第14節サンダーランド戦(1-2)以来、ゴールから約3カ月も遠のく岡崎にはさらなる奮起が求められている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:3/5(日) 8:50
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新