ここから本文です

バルサ、セルタに5点大勝。リーグ戦4連勝で弾みつけ運命のCL・PSG戦へ

3/5(日) 6:49配信

フットボールチャンネル

【バルセロナ 5-0 セルタ リーガエスパニョーラ第26節】

 スペイン・リーガエスパニョーラ第26節が現地時間4日に行われ、バルセロナはホームでセルタと対戦した。

進化を続けるメッシとネイマール、両者を比較したフォトギャラリー

 序盤からエンジン全開のバルサは25分、メッシが見事な左足シュートで先制点を挙げると、圧巻のゴールラッシュを披露した。40分にはメッシからスルーパスを受けた絶好調のネイマールが、GKの頭を越える技ありループシュートでリードを広げる。

 後半に入って58分、左サイドのネイマールからメッシ、ラフィーニャと細かくつないで最後はラキティッチがフィニッシュ。このプレーはオフサイドの疑いもかけられたが、主審はゴールを認め、バルサに3点目が決まる。

 さらに62分、コーナーキックの流れからメッシのラストパスにウンティティが詰めて4点目。若きフランス代表DFはうれしいバルサ加入後初ゴールを挙げた。

 最後は65分、メッシが今季リーグ戦23得点目となるこの試合2ゴール目を奪い勝負あり。試合終了の瞬間までセルタをまったく寄せ付けず観客を沸かせたバルサが、5-0の大勝でリーグ戦4連勝を飾った。

 次の試合は8日のCL決勝トーナメント1回戦2ndレグのパリ・サンジェルマン戦となる。1stレグは衝撃の0-4での敗戦だったが、ルイス・エンリケ監督の退任発表で奮起したチームは逆転でのベスト8進出を目指す。

【得点者】
25分 1-0 メッシ(バルセロナ)
40分 2-0 ネイマール(バルセロナ)
58分 3-0 ラキティッチ(バルセロナ)
62分 4-0 ウンティティ(バルセロナ)
65分 5-0 メッシ(バルセロナ)

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)