ここから本文です

ドルトムントに痛手。ロイスはCLベンフィカ戦欠場へ…太もも痛め3週間離脱か

3/5(日) 13:50配信

フットボールチャンネル

 現地時間4日に行われたブンデスリーガ第23節のレバークーゼン戦で負傷した、ボルシア・ドルトムントのマルコ・ロイスは数週間離脱することになりそうだ。独紙『デア・ヴェステン』などが報じている。

香川は35得点で2位 ブンデスリーガ日本人得点ランキング 1位は…

 レバークーゼン戦に先発出場したロイスは前半終了間際に左太ももを痛め、クリスティアン・プリシッチとの交代を余儀なくされた。この怪我がハムストリングの損傷などであれば2~3週間の戦線離脱になる可能性が高い。

 また、ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督は試合後の記者会見で「悲しいニュース。彼は長いスプリントの後に筋肉を損傷した。私は彼が水曜日(8日)のベンフィカ戦でプレーすることは不可能だと思っている」と述べた。

 8日にはチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦の2ndレグが控えている。ドルトムントはアウェイでの1stレグに0-1で敗れていたため、ベンフィカとの一戦は非常に重要な試合になる。そこにロイスがいないのは大きな痛手だ。

 6ゴールを奪ったレバークーゼン戦ではウスマヌ・デンベレがまばゆいばかりの輝きを放ち、途中出場のプリシッチやアンドレ・シュールレも質の高いパフォーマンスを見せた。香川真司も復調傾向にある。ドルトムントはしばらく過密日程が続くため、彼らのような控え選手たちの奮起と活躍が勝利の鍵になりそうだ。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)