ここから本文です

えっ!? 麻雀や宴会を楽しむ雛人形にビックリ!!

3/6(月) 11:30配信

旅行読売

 「郡上おどり」で有名な岐阜県郡上市にある城下町・郡上八幡で、一風変わった雛祭りが4月3日まで行われている。「おひなまつりと福よせ雛」と題し、町内百数十か所に雛人形が展示されている。
 何が風変わりかというと、内裏雛や五人囃子、三人官女ら雛人形がきちんと雛壇に並んでいない。雛壇を飛び出し、まるで日常生活を楽しんでいるかのように飾られているのだ。
 メーン会場となる郡上八幡博覧館は、その展示風景が特に個性的だ。麻雀やカルタに興じていたり、宴会や餅つきを楽しんでいたり。昨年開催されたリオオリンピックにちなみ、オリンピック競技を演じる雛人形も展示されている。雛人形を配置する際、どの雛人形をどんな風に飾るのが一番いいか、表情などを見て決めているという。

郡上八幡博覧館/電話0575・65・3215
9時~17時(郡上おどり開催日は18時まで)/12月24日~1月2日休/大人520円、子ども310円(八幡城との共通券は大人650円、子ども350円)

最終更新:3/6(月) 11:30
旅行読売

記事提供社からのご案内(外部サイト)

旅行読売9月号

旅行読売出版社

2017年9月号
7月28日発売

540円

【特別付録 全国道の駅マップ】
第1特集 わざわざ出かけたい 道の駅
第2特集 星降る高原、海の宿