ここから本文です

長谷部誠は可もなく不可もなく。フライブルク戦現地評価

3/6(月) 4:18配信

フットボールチャンネル

 現地時間5日に行われたブンデスリーガ第23節でフランクフルトはフライブルクと対戦し、1-2で敗れた。最終ラインでフル出場した長谷部誠について、ドイツメディアはチーム内で平均的な評価をつけている。

海外組、出場率トップ5! 欧州5大リーグで最も試合に出場している日本人選手は?

 『ビルト』は、長谷部のプレーに「4」の採点をつけた。これは長谷部を含めた5選手の点数で、可もなく不可もない評価。チーム最高評価は先制点を決めたFWブラニミール・フルゴタら4人についた「3」だった。

 この試合のベストプレーヤーには、2ゴールを挙げた相手FWフロリアン・ニーダーレヒナーを選出。採点は「1」の最高評価だった。それ以外にもフライブルクは「2」がついた選手が4人おり、勝利チーム全体を高く評価している。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)