ここから本文です

“不遇の10番”ハメスがレアルとの契約延長に近づく? 鍵を握るのはスペイン代表MFの動向か

3/6(月) 19:09配信

Football ZONE web

エイバル戦で1得点2アシストをマークし、背番号10が評価を高める

 レアル・マドリードのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスは、4日のエイバル戦で1得点2アシストという圧巻のパフォーマンスを見せた。エースのFWクリスティアーノ・ロナウドが負傷で、FWギャレス・ベイルが前節ラス・パルマス戦(3-3)での退場処分によって出場停止となるなか、背番号10は輝きを放ち4-1の快勝に貢献。ジネディーヌ・ジダン監督からの信頼を手にできず、昨年から再三にわたって放出の噂が浮上していたが、ポテンシャルの高さを示す活躍によって契約延長の可能性が浮上している。そして、その鍵を握るのはあるライバルの動向だという。

「2017移籍金評価額トップ100」を発表! 欧州5大リーグで100億円を超えるのは…

 スペイン地元紙「AS」は、「イスコが去った後、ハメスはレアル・マドリードの契約延長を目指す」と背番号10の去就問題を特集している。

 ハメスは今季序盤まで体重オーバーや夜遊び、パトカーとのカーチェイスなどピッチ外での問題によりジダン監督の信頼を失っていた。PK戦にもつれ込んだ昨季のUEFAチャンピオンズリーグ決勝アトレチコ・マドリード戦や、120分の死闘となった昨年12月のFIFAクラブワールドカップ決勝の鹿島アントラーズ戦など、タイトルの懸かった大一番では出番なし。その鹿島戦の直後には、「レアルを去るいくつかのオファーがある。2週間考えたい」とメディアに語り、チームメートから批判された。

 今冬の移籍市場では、インテルから移籍金8000万ユーロ(約96億円)のオファーが届いていたが、ロナウドの説得などによりレアルに踏み止まったと言われている。

「イスコがレアルを去ることになれば…」

 そして来季に向けては、条件付きでレアル残留の可能性が浮上している。記事では、「ハメスは今季終了後に契約延長を願っている。もしも、イスコがレアル・マドリードを去ることになったら、契約延長が予想されている。イスコの契約は2018年に満了となるが、彼は契約延長をしていない。なぜなら(レアルでは)彼が望む出場時間を得られておらず、さらなる出場機会を求めて移籍したいとも思っている」と記されている。

 ポジションを争うスペイン代表MFがチームを去ることになれば、ハメスはレアルとの契約延長にサインするという。今季開幕当初のハメスは、攻撃陣での序列が低かった。控えメンバーの中でも、イスコ、ルーカス・バスケス、マテオ・コバチッチ、マルコ・アセンシオよりも下だったが、イスコがいなくなれば、ポジション争いのライバルが一人減ることになる。イスコの動向次第で、来季背番号10がサンチャゴ・ベルナベウで躍動する可能性が高まりそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:3/6(月) 19:09
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新