ここから本文です

【“ 金沢 “ 特派員編】寒い時季も“ホット”な好印象スタイルを網羅!

3/7(火) 7:10配信

MEN’S+

休日ドレスのお手本!セットアップを洒脱に着こなす

 オフのセットアップは堅苦しくならないように配慮が必要です。金沢の特派員たちに学びますと、「1.軽い仕立てやイージー素材のリラックスフィットを選ぶ。2.タイドアップしない。3.スニーカーや小物でハズす」これらが鍵のようです。盛りすぎ&キメキメは御法度なのです。
 
 また、金沢スナップを決行して今回のセレクトのベースとなったのは、本誌『メンズクラブ』が現在推している“楽なのにきちんと”を意識している洒落者たち。セットアップを着くずしたり、明るい色みのアイテムを主役にしたりと、実に多彩でした。アイテム選びのポイントから明日使える小技まで、適度な色気を忘れない金沢の洒落者たちから学んでみてください!

起毛感のあるチェスターで大人の貫禄を見せる

たっぷりとした量感かつドロップショルダーが旬を醸すコートは、T-ジャケットのもの。格子柄を編みで表現しているので適度なボリューム感を醸すことで、装いの格になっています。ニットの編み地も独特で小粋。デニムのダメージ加減も絶妙です。トムフォードのアイウエアも知的で、レベルの高さがうかがえますね。
 
Coat _ T-ジャケット
Knit _ ドルモア
Pants _ ヴィンテージ
Shoes _ プレミアータ

巧みなヴェスト使いで真面目顔に印象チェンジ

テーラードジャケットの替わりにジージャンを用いることで、キメキメにならずに休日ドレスが表現できます。また、ヴェストはペラペラではなく地厚のウール素材を選び、よりトラッドな印象を強めています。外羽根式のダービーシューズも、男らしさに拍車をかけていますね。
 
Jacket _ クロ
Vest _ ザ スタイリスト ジャパン
Shirt _ バルバ
Pants _ ナノ・ユニバース

チェック柄JK × ハイゲージニット×白シャツの三位一体エレガンス

黒×ベージュを軸にコーディネイト。もしトップスがキャメルか黒のジャケットだったら、例年どおりの着こなしとなるのですが、ここでチェックの柄JKを選んだところが今年っぽいですね。大きめのブロックチェックがこなれた印象だけでなく、親しみやすいイイ人感を生み出します。
 
Knit _ ザ ソブリンハウス
Pants _ ロータ
Shoes _ ジョンロブ
Watch _ オーデマ ピゲ

1/2ページ

最終更新:3/7(火) 7:10
MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!