ここから本文です

引退「堀北真希」結婚するまでラーメンを食べたことがなかった

3/7(火) 6:00配信

女性自身

「堀北は翌日仕事だと、友達の誘いを断わって台本を読み直し、早く寝てしまうタイプ。14歳で芸能界入りして以来、事務所に厳しく教育されてきた。

 だが山本は、忙しいなかでも友達と遊ぶことで演技の幅が広がると考える役者。結婚生活は堀北にとって、カルチャーショックだった」(堀北の知人)

 堀北真希(28)が2月いっぱいで所属事務所との契約を満了、引退を発表した。2012年のNHK朝ドラ『梅ちゃん先生』などで知られる若手実力派女優のイメージは「優等生」。

 彼女が変わったのは、2015年8月、山本耕史(40)の猛プッシュに負け結婚してからだ。

「堀北は芸能界入りしてから結婚するまで庶民的なラーメンを食べたことがなかった『箱入り娘』。山本は肉味噌から手作りしたプロ顔負けのジャージャー麺を振る舞い感激させた」(堀北の知人)

 しだいに堀北の気持ちは、主婦として夫を支えるほうに向き、事務所が打診する仕事を断わるように。最後のドラマとなった昨年1月期の連ドラ『ヒガンバナ~警視庁捜査七課~』の現場では、終始眠そうな顔を見せた。以前の彼女では考えられないことだ。

 クランクアップ直後に妊娠、出産。今年2月末の契約満了を待って引退。すっかり「山本色」に染まった堀北は、つい最近、髪を生まれて初めて茶髪にした。
(週刊FLASH 2017年3月21日号)

最終更新:3/7(火) 6:00
女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2779号・6月20日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

横澤夏子“年内結婚計画”を初告白!
中村獅童がん手術リハビリ支えた妻が妊娠
中居正広“残留”決意させた香取「感謝の言葉」