ここから本文です

元日本代表FW田代が豪州2部に移籍 34歳での海外初挑戦も「すぐに他の選手と溶け込んだ」

3/7(火) 13:02配信

Football ZONE web

ウーロンゴン・ウルブスと正式契約、ティンパノ監督が活躍に太鼓判

 昨季までセレッソ大阪でプレーしていた元日本代表FW田代有三が、オーストラリア2部のウーロンゴン・ウルブスと正式契約を結んだ。オーストラリアのAリーグ公式サイトが発表した。

2017年「J1・J2・J3・ルヴァン杯全節対戦カード」&「Jリーグ年間日程」&「ACL・天皇杯・各代表日程」

「これまで素晴らしいキャリアを過ごしてきましたが、次の大きなチャレンジを楽しみにしています。オーストラリアでプレーしたことはありませんが、国と人々について素晴らしいことをたくさん聞いてきました。自分自身も経験したいです」

 34歳にして初の海外挑戦となった田代は、喜びの声明を発表している。空中戦の強さを武器とするストライカーは、鹿島アントラーズ在籍時の2008年に日本代表として3試合に出場している。

「ウーロンゴンという素晴らしい街をホームにすることができて、すごくラッキーです。チームメートや監督も最高で、会った人は全てフレンドリーです。できるだけチームの手助けになりたい」

 こう語った田代は、11日の敵地パラマッタ戦でオーストラリアデビューを果たす可能性が高まっている。ヤコブ・ティンパノ監督は、「ユウゾウはすぐに他の選手と溶け込んだ。長い時間一緒にいなかったのに、勇気づけられるところだ。シーズンが進むにつれ、居心地が良くなっていくだろう。彼がこのリーグで、本物のエキサイティングな選手になることに疑いはない」と活躍に期待を寄せていた。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:3/7(火) 13:02
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新