ここから本文です

レアル115年の歴史に輝く「スーパーゴール15選」 歴代スターの華麗な一撃をスペイン紙が選出

3/7(火) 23:42配信

Football ZONE web

1902年創設以来の総ゴール数は8442得点

 レアル・マドリードは1902年3月6日の創設以来、現地時間3月5日に行われたリーガ・エスパニョーラ第26節までに、なんと8442ゴールもの得点を積み上げてきた。そんなレアル寄りの地元紙として知られる「マルカ」は、クラブ史で生まれた15のスーパーゴールを選出している。

スペイン紙が選ぶ”銀河系軍団”レアルの「今世紀最低の補強10人」

 最初に選ばれたのは1980年代のレアルでエースとして君臨したFWブトラゲーニョが、1987年のカディス戦で決めた技巧的な一撃。ペナルティーエリア左でボールを拾うと、2人のマーカーを一瞬のボールタッチで置き去りに。カバーに入った3人目、そして角度のないところからGKもダブルタッチでかわしてゴールを陥れた。

 80年代にブトラゲーニョとともに攻撃の核として君臨したウーゴ・サンチェスも、左サイドから来たアーリークロスをファーサイドからオーバーヘッドキックで合わせ、ゴール左隅に突き刺したゴラッソが選ばれている。彼ら以外にも、かつての名選手からはアマンシオ・アマロの巧みなドリブル突破からのゴール、MFサンティアゴ・アラゴンが宿敵バルサ相手のクラシコで叩きこんだ42メートルの超ロングシュートなどが挙げられている。

 日本でも馴染みのある面々が並ぶのは、レアルが“銀河系軍団”として変貌を遂げていく90年代から2000年代にかけてだ。そのなかにはレアルの魂として君臨したFWラウール・ゴンザレスも選ばれている。それはトップデビューして間もない1996-97シーズンに、アトレチコ・マドリードとのダービーで2人のマーカーを交わし、角度のないところから決めた一撃だ。また同じ下部組織出身のテクニシャン、MFグティが極上のヒールパスでFWカリム・ベンゼマのゴールをアシストしたものも印象深い。

現指揮官の「魔法のボレー」は今も語り草に

 ラウールやグティら生え抜きとともに、“白い巨人”に集った各国スーパースターの芸術的なプレーも見逃せない。

 1990年代に金髪をたなびかせてプレーしたMFフェルナンド・レドンドが、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)でマンチェスター・ユナイテッド相手にバックヒールを使ったドリブルでラウールに得点をお膳立てしたプレー、MFクラレンス・セードルフがマドリードダービーで決めた「ミサイル」のようなミドル、DFロベルト・カルロスのアーリークロスに対してMFスティーブ・マクマナマンが決めた「カラテキッド・スタイル」の右足ボレーなどだ。

 そのなかでも特に今でも語り草なのは、現在チームの指揮を執るジネディーヌ・ジダン監督が、2001-02シーズンのCL決勝レバークーゼン戦で決めたスーパーゴールだ。ロベルト・カルロスが挙げたクロスは相手マーカーのチェックもあって、空中に大きく浮き上がるものとなった。しかしペナルティーエリア左に入り込んだジダンは、この難しいボールを左足で見事にジャストミートすると、鮮やかな弾道を描いてゴール左隅に突き刺さった。

 レアルに通算9度目のCL制覇をもたらすことになったジダンの一撃について、同紙は「魔法のボレー。ジダンのボレーはその美しさ、重要度によってレアル・マドリードのファンにとって永遠に刻み込まれている」と大絶賛している。

1/2ページ

最終更新:3/7(火) 23:42
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新