ここから本文です

【CL勝負を分けたワンプレー】試合を支配したナポリが完敗した「もう一つの試合」

3/8(水) 18:50配信

footballista

スカパー!× footballista ピックアップレビュー

UEFAチャンピオンズリーグ全試合を放送する『スカパー!』と『footballista』がコラボレーション。注目カードの勝敗を分けたポイントを、『footballista』執筆陣が詳細に分析する。


UEFAチャンピオンズリーグ/ラウンド16 第2レグ
ナポリ 1-3 レアル・マドリー


 スコアは第1レグと同様の1-3。しかし、内容は第1レグとははっきり異なる。

 ナポリは50分にわたって一方的な攻勢に立ってレアル・マドリーを自陣に押し込め、ほとんどサッカーをさせなかった。Rマドリーがナポリゴールに迫ったのは、相手のパスミスやイーブンボールを拾った4回ほどのカウンターだけ。サン・パオロを埋めた5万人の観衆は、Rマドリーがパスを数本繋いでポゼッションを確立するたびに凄まじいブーイングの口笛を浴びせるのだが、前半の45分でそれが起こったのはたったの3回に過ぎなかった。それ以外は、後方からパスを繋ごうとしてもナポリのハイプレスに押し戻され、仕方なくロングボールを蹴り込む、これの繰り返しだったのだ。

 ナポリが圧倒的なインテンシティによるハイプレスを90分間続けることができたかどうかはわからない。しかし後半の立ち上がり、前半同様にナポリがペースをつかんだ時点での試合状況は、「もしかすると」と思わせるだけのものだった。Rマドリーがゴールを奪うとすれば、ナポリのミスを突いてのカウンターか、さもなければセットプレーか、それ以外はあり得ないように思われた。


■テクニカルなサッカーの代償


 しかし、膨らみつつあった期待は、それからの5分間であっけなく萎むことになる。他でもないセットプレーからセルヒオ・ラモスが立て続けに2ゴールを叩き込んで、ナポリのあらゆる希望を葬り去ったからだ。51分の同点ゴールをもたらしたこの試合2つめのCKは、ハムシクとディアワラのちょっとした呼吸のズレがもたらしたパスミスがきっかけ。ナポリがプレゼントしたようなものだった。
 
 セットプレーにおけるS.ラモスの驚異的な得点力は誰もが知るところ。ナポリのゾーンディフェンスに対して、遠目の位置からニアサイドに走り込んでフリーでジャンプし、身長で7cm優るラウール・アルビオルに楽々競り勝って高い打点でヘディングシュートを叩き込んだ。

 ナポリのサッリ監督は、第1レグの前日会見でセットプレーにおけるS.ラモスの危険性について、ゾーンディフェンスで対応し切れるのかと質問されてこう答えていた。「S.ラモスは今季ここまでセットプレーから8ゴールを決めているが、そのうち7点はマンツーマンディフェンスに対して挙げたものだ。マンツーマンかゾーンかという問題ではないことは明らかだ」

 とはいえ、この同点ゴール、そしてその5分後に生まれた逆転ゴールのいずれの場面においても、S.ラモスはナポリのゾーン守備の外からスタートを切り、誰にも邪魔されることなくフリーでジャンプしてボールを捉えている。これはマンツーマンディフェンスでは起こり得ないことだ。これから少なくとも数日の間、イタリアでは「マンツーマンか、ゾーンか」というセットプレー守備についての議論が続くことになるだろう。

 試合後、このテーマについて質問を受けたサッリ監督の答えは率直なものだった。

 「マンツーマンかゾーンかという以前に、我われと彼らの間には高さという点で大きなミスマッチが存在していた。高さだけでなく体格的にも、インパクト(当たりの強さ)という点で彼らに劣っていることは明らかだ。しかし我われのようにテクニカルなサッカーをしようとするチームが、フィジカルの面で多少の代償を支払うのは仕方がないことでもある。セットプレーの機会を与えればそれが大きなピンチになることは想定内だった。それを避けるためには、我われがボールを支配して攻め込み、相手をこちらのゴールから遠ざけておくしかない。最初の50分はそれが狙い通りにできていただけに、こちらのミスでCKを与えたのは残念だった」

 セットプレーは「試合の中のもう一つの試合」であり、そこではゲームのルールも選手の役割もまったく異なったものになる。その「もう一つの試合」において、ナポリが劣勢に立たされることは避けられないことだった。実際、44分に与えたこの試合最初のCKでも、S.ラモスはフリーでニアポストに走り込んでいる。ボールを捉えられなかったのは、キッカーのクロースが蹴ったボールが40cmほど高かったからに過ぎない。その意味では、2本目、3本目をぴったりとS.ラモスに合わせたクロースのプレースキックの精度にも、S.ラモスに対してと同様に脱帽するしかないだろう。

1/2ページ

最終更新:3/8(水) 19:22
footballista

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊フットボリスタ

株式会社ソル・メディア

Issue 048
8月12日(土)発売

定価900円(税込)

[特集]
17-18 欧州展望
無名の“ラップトップ監督”が新時代を切り拓く