ここから本文です

「悩んでごめんなさい」侍J小久保監督、4安打4打点の松田に脱帽

3/8(水) 11:37配信

ベースボールチャンネル

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)プールBが、7日に東京ドームで開幕した。侍ジャパンは、初戦のキューバ戦を11対6で勝利。三塁手として先発した松田宣浩の3ランを含む4安打4打点の活躍が光った。

第4回WBCに出場している侍ジャパンメンバー

 強化試合では田中広輔も三塁手として起用し、試合の前日はどちらを三塁手として起用するか悩んでいるとした小久保監督も、試合後の会見では「悩んでごめんなさい」と松田の活躍には脱帽だ。

 また、強化試合は11打数2安打だった松田は「強化試合のバッティング内容を見ると、あまりいい状態じゃなかったので自分でもまずいと思っていた」と話し、「今日はスタメンに使っていただいたので、今日から(リセット)と思って1打席目から初球から集中した。それがいい結果になった」と自身の活躍を冷静に分析した。

 初戦の活躍で侍ジャパンの三塁のスタメンの座が一気に近づいた松田。「独特の雰囲気の中で試合というのは進んでいくので、また明日も打席に入ったら超積極的に、バットを振って、チームの勝利のために全力で戦っていきたい」と8日のオーストラリア戦でも自身の持ち味を発揮してくれそうだ。

ベースボールチャンネル編集部