ここから本文です

【速報・8回】筒香、大きな追加点となる2点本塁打!宮西は相手の勢いを抑える好投

3/8(水) 22:07配信

ベースボールチャンネル

 オーストラリア代表は8回もウィリアムズが続投。
 ウィリアムズは山田、菊池を打ち取ると、青木、筒香と左打者が続く場面で左腕のケネディにスイッチ。しかし、この継投が完全に裏目に出た。

第4回WBCに出場している侍ジャパンのメンバー一覧

 青木に四球を与え出塁を許すと、4番筒香がライトポール際に特大本塁打を放ち、2点を追加した。ケネディは5番中田に四球を与えたところで降板。1アウトも奪えない乱調であった。6番坂本のところで、5番手・サールが登板。坂本は遊ゴロに倒れたが、この回、筒香の本塁打で2点を追加し、終盤で3点と差を広げた。

 裏のオーストラリアの攻撃は、宮西の好投もあり三者凡退に終わった。

オーストラリア 1-4 侍ジャパン

【オーストラリア】
アサートン 57球
ウェルズ 20球
ウィリアムズ 20球
ケネディ 17球
サール 4球

【侍ジャパン】
菅野 48球
岡田 7球
千賀 32球
宮西 13球

本塁打
オ デサンミゲル(2回ソロ)
侍 中田(7回ソロ)、筒香(8回2ラン)

バッテリー
【オーストラリア】
アサートン、ウェルズ、ウィリアムズ、ケネディ、サール-デサンミゲル

【侍ジャパン】
菅野、岡田、千賀、宮西-小林

ベースボールチャンネル編集部