ここから本文です

小倉優子に「ハワイ移住」説 トップママタレとして活動か

NEWS ポストセブン 3/9(木) 16:00配信

「2、3年ほど前の夏から長男をハワイの特別短期プログラム『サマースクール』に通わせ、英語や現地の文化に触れさせていました。今では、子供を連れてハワイに移住して、仕事も続けながら生活する方法はないか、知人に相談しているみたいですよ」(芸能関係者)

 3月3日、離婚を発表したばかりの小倉優子(33才)は新たな生活に向けてすでに歩み出している。

 約3年の交際を経て、2011年10月から5年5か月の結婚生活を送ったカリスマヘアメイクアーティスト・菊地勲氏(46才)との間には、長男(4才)と生後3か月の次男がいるが、昨年8月に発覚した夫の不倫騒動でできた溝は埋まらなかった。

「ゆうこりんは恋愛潔癖性。束縛も強く、結婚相手の条件に『浮気をしない人』を上げていましたからとても許せなかったんでしょうね」(スポーツ紙芸能記者)

 不倫していたのが第2子の妊娠中で、しかも、相手が所属事務所の後輩アイドルだったというのも、火に油を注いだ。

「妊娠中に夫に不倫されたら?」というアンケートでは、3割以上の女性が「離婚する」ときっぱり答えており、約5割が「わからない」という回答。「どうにか修復をはかる」は2割を下回っていた。2人はその壁をこえられなかった。

 不倫発覚後はしばらく「妻が口をきいてくれない。どうしても離婚はしたくない」と意気消沈して周囲に語っていた菊地氏だったが、最近、キャバクラに通い詰めて小倉に対する暴言を吐いていたことが報じられた。

「キャバ嬢がゆうこりんの容姿を褒めれば『全然かわいくない』『女として見られない』と全否定。料理本を出していることに触れると『本を出していても料理はマズいんだよね』と言い放ち、キャバ嬢がドン引きするほどだったそうです。ウケ狙いだったとしてもさすがに言いすぎです」(前出・芸能記者)

 そんな浮気発覚から半年というスピード離婚で菊地氏との関係を終わらせた小倉。当初、慰謝料は7000万円にも達すると報じられたが、実際はゼロ。しかも、6日のブログで《彼には、たくさんの幸せや思い出と、なにより2人の息子というかけがえのない宝物を授かりとても感謝しています。》と綴った。

1/2ページ

最終更新:3/9(木) 16:00

NEWS ポストセブン