ここから本文です

『三毛猫ふうちゃんは子守猫』発売記念 おたべさんインタビュー

3/9(木) 12:00配信

東京ウォーカー

猫と赤ちゃんが同居するやさしい風景に癒やされる人続出中! アメブロで大人気の、夜泣きをしたら教えに来てくれる子守上手な三毛猫ふうちゃんと、2歳児みーちゃんの、ほっこり子育て日記が、描き下ろし満載で待望の書籍化! 著者のおたべさんにお話を伺いました。

『三毛猫ふうちゃんは子守猫』 おたべ 1100円(税別)KADOKAWA





――このたび発売された『三毛猫ふうちゃんは子守猫』が生まれるきっかけになったブログ「ねこのいるしあわせ」をスタートした理由を教えてください。



妊娠中「猫のいる子育て」について調べてみると、対応策などは出てきても、日々の姿等はあまりヒットしませんでした。それで、なら自分が発信してみたらどうかな?と思ったのがきっかけです。

「癒される」という声が多く、中には同じように猫と子育てしている方からも声をかけていただくようになり、とても嬉しいです。





――たしかに読んでいるととても癒やされます! ブログを書籍にする際に大変だった点や、プラスアルファされた魅力を教えてください。



漫画には入りきらない小話などをコラムとしてまとめたので、より日常の姿が伝わるかなと思います。

それから、今回、ふうちゃんとの出会い編を書き下ろしたのですがその話をまとめるのに苦労しました。ふうちゃんを保護する話で、本のほんわかした雰囲気とはまた違うので、入れること自体も悩みました。けれど、主役であるふうちゃんについて掘り下げて紹介できたなと思います。





――「ふうちゃんがうちに来たわけ」ですね。こういう出会いだったんだということがわかって、感動しました。ブログや書籍化について、ご家族や、周囲の反応はいかがですか?



ブログに関して我が家に来たことのある友人は「ふうちゃん見たことないけど、こんなかんじなんだね~」とふうちゃんのかなり甘えん坊な姿に驚いています(ふうちゃんは人見知りが激しいです)。

書籍について夫は割と冷静で「へえ~」といった感じでした。母は驚いてましたが、自分をもっと若く描いて欲しかったと気にしています(笑)



――チャーミングなお母様ですね(笑) ご自身で特に印象深いエピソードはどれですか?



色々ありますが、一番は「妊娠に気づいたふうちゃん」の話です。本のテーマにおける始まりのお話でもありますし、生き物の勘の良さと、ふうちゃんの優しさが、よりわかるエピソードだなと思います。





――おたべさんよりも先に、ふうちゃんはお腹のみーちゃんの存在に気がついたのですよね。素敵なエピソードですね。家事育児をしながら書籍を作るのは大変だったかと思いますが、時間のやりくりのコツがあれば教えてください。その原動力はなんでしたか?

実は時間のやりくりが下手なので、いっぱいいっぱいです(笑)

気持ちの問題ですが、少しだけでも趣味に集中するようにして「時間に追われていることを忘れる時間」というのは設けていました。

原動力はブログを見て反応をいただけることです。一人でもくもくと描いているので、直接感想をいただけるのはとても嬉しいです。



――この本を通じて、読者に伝えたいことはなんですか?



ふうちゃんと娘を見ていると、お互いをどう認識していて、どう生活しているかについて驚くことが多いです。そんな姿を切り取って描いているので、読んだかたにもそんな驚きが伝わると嬉しいです。



――最後に、読者の皆さまへメッセージをお願いいたします。



「さあ読むぞ」と力を入れずとも、どんな気分の時でも気軽に読める一冊を目指しました。三毛猫ふうちゃんと娘みーちゃんの穏やかで優しくて、たまにヤンチャな成長記録、ぜひ手に取って読んでいただけると嬉しいです。

(構成/波多野公美)

最終更新:3/9(木) 12:00
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

今日のカレーなんにする?
夏、カレー!この一冊で全網羅
イベント&スポット総数60軒
この夏、絶対したいこと。