ここから本文です

“3パパ”三津谷亮、濱田マリがクランクイン!

3/9(木) 18:36配信

ザテレビジョン

TBSで4月19日(水)から放送開始するドラマ「3人のパパ」に出演する三津谷亮、濱田マリが3月9日にクランクイン! 前日の8日には主演の堀井新太らが撮入しているため、これでメインキャスト全員が出そろったことになる。

【写真を見る】連続ドラマ初レギュラー出演の三津谷亮が笑顔でクランクイン!

本作は、今を生きる“ゆとり・さとり世代”と呼ばれる男たちが、過去の無責任な行動が原因で赤ちゃんを育てることになり、困難にぶつかりながらも目の前の命と向き合い、共に成長する姿を描くハートフルコメディー。

堀井が演じる主人公・拓人と共にシェアハウスに暮らす、クールでマイペースな男・岡山朔役の三津谷と、シェアハウスの大家・大山美奈子役の濱田は、美奈子がシェアハウスの下の階で営むたこ焼き店でのシーンでクランクインした。

早朝の商店街、元気よく現場入りした三津谷は呼び込み早々「伝説残すぞー! よろしくお願いします!」と力強く意気込み、現場を盛り上げた。

一足先にクランクインした堀井、山田裕貴も同様の意気込みを語っており、同じD-BOYSのメンバーとして結束力の強い3人の、今作での合言葉は“伝説”のようだ。

また、濱田も三津谷の言葉を受け「伝説の端っこにいられるように頑張ります(笑)」と謙虚ながら後輩の背中を押すような意気込みを語り、ベテランの心強い言葉に三津谷らも緊張感を持ちつつ、安心したような表情を見せた。

撮影中はクールな朔らしく、笑顔のない気だるげな演技をする三津谷だったが、カットがかかると満開の笑顔に。クランクイン前「連続ドラマ初レギュラーとなりますので、本作を通してさらに成長していければと思っています」と語っていた三津谷の、新たな挑戦の幕が順調に上がった。

民放連続ドラマ初主演の堀井などフレッシュな面々を中心に展開されていく“成長”の物語。初めて挑むたくさんのことをどのように吸収し、どのように表現していくのか、今後の活躍を期待せずにはいられない。

【第1話あらすじ】

拓人(堀井)は高校時代からの友人・羽野恭平(山田)、岡山朔(三津谷亮)とシェアハウスで一緒に暮らしている。能天気で「まぁ、いっか」が口癖の拓人は、きょうも寝坊で会社に遅刻しそうになっており、商社に勤めるエリートの恭平はスマホでニュースを見ながらコーヒーを飲んでいる。アパレルブランドで働く朔は、ヘッドホンで音楽を聴きながらスムージーを飲んでいる。彼らの共同生活のルールは“深入りしない”こと。

そんなある日、拓人が仕事から帰宅すると部屋の中で見知らぬ赤ちゃんが寝ていることに気付く。恭平と朔も帰宅し、その謎の状況に困惑。状況がつかめないまま、3人が机に置かれた手紙に目を通すと「この子はあなたの子どもです。」と書かれていた!

誰の子かとお互いに詮索するが、無責任な3人はそれぞれに心当たりがあるようで、そこから怒濤(どとう)のなすりつけ合いが始まる。そんな中、赤ちゃんが熱を出していることに気付く。どうすればいいか分からない3人は、ようやく目の前の命に対して責任を感じ始め、その子を育てる決意をしたように思えたが…。

最終更新:3/9(木) 18:36
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)