ここから本文です

ケイティ・ペリー、大胆イメチェンの理由は?

3/9(木) 11:00配信

コスモポリタン

2月28日(現地時間)にオーランド・ブルームとの破局を発表したケイティ・ペリー。その2日後、インスタグラムに、サイドをすっきり刈り上げたショートヘア姿と共に「やっと心の準備ができたの」というコメントをアップ。破局からのイメチェンに、世界中が騒然としたのは記憶に新しいところ。

ケイティ・ペリーとオーランド・ブルームが「円満破局」

その大胆なピクシーカット、てっきり破局による気分転換と思っていたけれど、実はもうひとつ理由があったことが明らかに。3月5日(現地時間)、アイハート・ラジオ・アワードの授賞式に出席した際、司会のエルビス・デュランに新しいピクシーカットについて聞かれたケイティ。「そうね、これだけ思いきったのだから、もっと、もっと、注目を集めたいわ!」と冗談を飛ばしたそう。さらに続けて「飽きたら伸ばせばいいだけの話。プラチナブロンドに染めたことで、だいぶ髪も傷んだわ。でもずっとマイリー・サイラスみたいなヘアスタイルにしたかったし、ピクシーカットにもチャレンジしてみたかったから、『切っちゃえ!』って思ったの」と語った。

マイリー以外にも、インスパイアされたひとはもうひとり。「新たなフィーリングを感じていて、そのイメージにもこの髪型がぴったりマッチしているの。女性らしさという言葉の意味を再定義したいわ。スカーレット・ヨハンソンを見てみて。彼女は世界で最も美しい女性のひとりよ。アカデミー賞のアフターパーティで彼女を見かけた時、『よし、同じヘアスタイルにしよう!』って直感的に思ったの。ピクシーカットにすることで美しく、さらに女性らしくなれる。それなら、やってみてもいいんじゃない?」

どうやらネガティブな理由だけでなかったようで安心。ケイティに続いて、ピクシーカットがネクスト・トレンドに浮上するかも!?

※この翻訳は、抄訳です。

From: COSMOPOLITAN UK

最終更新:3/9(木) 11:00
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。