ここから本文です

数学的理論に基づいた、結婚最適齢期が判明

3/9(木) 19:40配信

ハーパーズ バザー・オンライン

もし、あなたが20代半ばでヴァージンロードを歩いたとしたら、おめでとう!あなたは、最適年齢で結婚したことになる。

数学的理論、名付けて「37%ルール」によると、26歳が長期的パートナーを見つけるのに理想的な年齢だと、イギリスの『インディペンデント』紙が書いている。

『Algorism to Live By : The Computer Science of Human Decisions(原題)』の著者で、認知科学者のトム・グリフィスとジャーナリストのブライアン・クリスチャンは同書の中で、26歳が結婚するのに最適年齢だとしている。このルールでは、設定した期限内にすべきことの37%に達したら、それまでに集めた情報を元に決断するポイントに到達したということになるそうだ。

選択のプロセスにおいては、このポイントがベストな決断を下す時。これより早すぎると、より良い選択肢を見逃し、遅すぎては、デートする人の幅が狭まるため、良い選択肢が限られてくる。

人は平均的には18~40歳の間にパートナーを見つけると考えると、26歳が決断すべき年齢。22年というプロセスの中で、その年齢が37%の地点だからだ。

なんだか、ぞっとするというか、計算しすぎだという気もするけれど。

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年9月号
2017年7月20日発売

定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。