ここから本文です

凋落のアーセナルに漂う今夏“大刷新”の予感 イングランド代表MFが移籍志願か

3/9(木) 16:50配信

Football ZONE web

“二枚看板”サンチェスとエジルに加え、チェンバレンにも去就問題が浮上

 アーセナルに主力大量流出の危機が迫っている。アーセン・ベンゲル監督への風当たりも強くなり、FWアレクシス・サンチェスとMFメスト・エジルという二枚看板の退団が取り沙汰されるなかで、新たにイングランド代表MFアレックス・オックスレイド=チェンバレンが移籍を希望しているという。英衛星放送「スカイ・スポーツ」など複数メディアが報じている。

「2017移籍金評価額トップ100」を発表! 欧州5大リーグで100億円を超えるのは…

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)の決勝トーナメント1回戦では、バイエルン・ミュンヘンに2戦合計2-10という衝撃的なスコアで粉砕され、リーグ戦ではここ4試合で3敗を喫して来季のUEFAチャンピオンズリーグ圏外の5位に転落するなど失速。サポーターのベンゲル監督解任要求も過熱するばかりとなっている。

 指揮官の問題と同様に懸念されているのは、主力選手の動向だ。ともに2018年までの契約を結ぶサンチェスとエジルの2人は、契約延長交渉が進展を見せていない。

 とりわけチーム最大の得点源であるサンチェスは、練習でチームメートと口論を繰り広げてリーグ戦でスタメン落ちとなるなど、ネガティブな話題を振りまいている。1-5で大敗した7日のバイエルン戦では、チームが5失点目を喫した際にベンチで笑顔を浮かべたシーンがカメラに捉えられたことも話題となった。

今夏に主力大量流出で新たな時代に突入?

 攻撃の二枚看板は揃って今夏にクラブを離れる可能性があるが、23歳のチェンバレンも出場機会の少なさに不満を覚えて、今季終了後の移籍を希望しているという。

 さらに、米スポーツ専門テレビ局「ESPN」によれば、ボーンマスへ期限付き移籍中のMFジャック・ウィルシャー、左サイドバックのDFキーラン・ギブスについても、やはり18年夏で満了する契約延長交渉が行われていないという。

 クラブを21年にわたって指揮してきたベンゲル監督を含む、主力の大量流出が起こる気配が漂うアーセナル。新たなサイクルへ進む時が、近づいているのかもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:3/9(木) 16:50
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新