ここから本文です

起業する前に読んでおきたい世界のスタートアップ論16選

3/9(木) 18:00配信

Forbes JAPAN

アントレプレナー、VC、アクセラレータ、研究者たちが見たスタートアップ成長の軌跡とは─。編集部が選んだ16冊を4つのカテゴリーにわけてご紹介。



■インサイト

『現代の二都物語 なぜシリコンバレーは復活し、ボストン・ルート128は沈んだか』日経BP社刊
ハイテク雇用で差をつけていたにもかかわらず、なぜボストンはシリコンバレーに逆転されてしまったのか?産業構造と地域政策を分析しながら、人材の流動性とネットワークの重要性について解説する名著。

『アップル、グーグル、マイクロソフトはなぜ、イスラエル企業を欲しがるのか?』ダイヤモンド社刊
人口852万人のイスラエルは、なぜ世界的企業が欲しがるスタートアップを量産できるのか─。周辺国との緊張のなか、限られたリソースを最大限に生かす同国の試みから学べることは決して少なくないはずだ。

『スティーブ・ジョブズ』講談社刊
今は亡きアップルの共同創業者スティーブ・ジョブズが、全面的に取材に協力した公認の評伝。アップルの創業、追放、ネクストやピクサーでの成長、アップルへの帰還までの経緯が本人の口から明かされる。

『イーロン・マスク 未来を創る男』講談社刊
ゲイツとジョブズの2人を掛け合わせてバージョンアップしたのがマスクだ─。米ビジネス誌の記者が、ペイパルやスペースX、テスラモーターズなど、産業を次々と変えていく稀代の起業家の思考に迫る。

■方法論

『リーンスタートアップ』日経BP社刊
「リーンスタートアップ」とは、手早く作った実用最小限の製品(MVP)を顧客に使ってもらい、「構築-計測-学習」を繰り返すことで製品やサービスを生み出す手法のこと。今や大企業の多くも取り入れている。

『ゼロ・トゥ・ワン─君はゼロから何を生み出せるか』NHK出版刊
トランプ政権移行チームで要職に就く、ペイパル共同創業者ピーター・ティールによる起業指南書。起業とは、「(量産を目的とした水平的進歩よりも)ゼロから1を生み出す垂直的進歩であるべき」と説く。

『ALLIANCE 人と企業が信頼で結ばれる新しい雇用』ダイヤモンド社刊
ビジネスの世界が加速する今日、企業に必要なのは起業家のように考えて動く社員だと、著者でリンクトイン共同創業者のリード・ホフマンは説く。そうした人材を生かすための新時代の会社のあり方がわかる。

『MAKERS─21世紀の産業革命が始まる』NHK出版刊
『ロングテール』『フリー』の著者で、ワイアード誌元編集長のクリス・アンダーソンによる新産業革命論。3Dプリンタやオープンソースの普及で、誰もがものづくりを始め、起業できる時代が来たと宣言している。

1/2ページ

最終更新:3/9(木) 18:00
Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN
2017年9月号

株式会社アトミックスメディア

2017年9月号
7月25日(火)発売

890円(税込)

成功のヒントはフォーブスにあり!
Forbes JAPAN 無料会員に登録すると、すべての記事が読み放題。メルマガ配信、限定のプレゼントやイベントへのご招待も!