ここから本文です

大逆転劇に興奮のラキティッチ「これがバルサ。世界一のチームだ!」

3/9(木) 10:05配信

SOCCER DIGEST Web

「監督が望むことをみんなが実現したかった」(ウンティティ)

[CL決勝トーナメント1回戦第2レグ]バルセロナ 6-1 パリSG/3月8日(水)/カンプ・ノウ

【バルサ対パリSG】CL史上に残る「奇跡の大逆転劇」を写真で振り返る!

 チャンピオンズ・リーグ(CL)決勝トーナメント1回戦の第2レグで、バルセロナはパリ・サンジェルマンを6-1で破り、合計スコア6-5で準々決勝進出を決めた。
 
 第1レグを0-4で落とし、大きなハンデを抱えて迎えたホームでの決戦だったが、バルサは開始3分のスアレスの先制ゴールを皮切りにゴールを重ね、後半アディショナルタイムで2点を奪って奇跡を起こしてみせた。
 

 この歴史的な一戦の演出に、中盤と最終ラインで貢献した選手たちの喜びのコメントは以下の通り。
 
◇イバン・ラキティッチ
 
 信じられない! あり得ないことだ。もう、クレイジーだね。何と表現したらいいのか分からない。
 
 チームメイト、クラブの関係者、そしてファンに感謝したい。今日は特別な一日だ。
 
 パリでの第1レグが終わった後、多くの人が挽回は不可能だと言ったが、それに対して我々は素晴らしいリアクションを見せられた。歴史的な一戦だ。
 
 4点差からの反撃は非常に困難を伴うものだったが、我々は信じて戦うしかなかった。先週末、(アメリカンフットボールの)スーパーボウルを見て、スポーツではどんなことも起こり得ると感じた(ペイトリオッツが終了間際に追い付き、史上初の延長戦の末にファルコンズに勝利)。
 
 これがバルサ。世界一のチームだ。この夢のような戦いを、これからも続けていきたい。
 
◇サミュエル・ウンティティ
 
 こんな試合は、今までに経験したことがない。
 
 試合前、監督が「逆転は無理だと思うか?」と聞いた時、「イエス」と答える選手はひとりもいなかった。みんなが監督の望むことを実現したいと考え、強い気持ちを持って戦いに臨んだ。
 
 パリSGに対し、我々はピッチを走り回り、自分たちのプレーを見せた。ゴールを奪うための準備はできていた。第1レグではどん底に落ちたが、我々は素早く立ち直り、自らの力で復活した。

最終更新:3/9(木) 16:17
SOCCER DIGEST Web