ここから本文です

イブラヒモビッチにMLS最高年俸オファー!「現実的な可能性」とBBCが報じる

3/9(木) 16:04配信

SOCCER DIGEST Web

ベッカム並みのインパクトを期待して、LAギャラクシーが巨額のオファー!

 マンチェスター・ユナイテッドの指揮官ジョゼ・モウリーニョは、元スウェーデン代表FWのズラタン・イブラヒモビッチが来シーズンもチームに残ることを望んでいる。だが、イギリス・メディア『BBC』によると、ロサンゼルスからビッグオファーが舞い込んだようだ。
 
 今シーズン開幕前にマンチェスター・Uに移籍したイブラヒモビッチは、ここまで公式戦通算で26得点をマーク。ほぼ期待通りの働きを見せているだけに、指揮官やクラブはエースの残留を希望しているが、延長オプション付きの1年契約で加入したイブラヒモビッチ本人は、現時点で去就について明言を避けている。
 
 そんなイブラヒモビッチにMLSのロサンゼルス・ギャラクシーがアプローチしているようだ。BBCが報じたところによれば、LAギャラクシーはMLS最高額の年俸を用意しているという。
 
 ちなみに2016年のMLSの最高年俸は、元ブラジル代表MFのカカ(現オーランド・シティ)の716万7000ドル(約8億2000万円)。イブラヒモビッチへの提示額はそれを上回るというのだ。
 
 LAギャラクシーは、かつて所属した元イングランド代表MFのデイビッド・ベッカムのように、イブラヒモビッチがアメリカ・サッカーに大きなインパクトを残せると信じているという。BBCは「契約期間こそ不明だが、LAギャラクシーはイブラヒモビッチ獲得の現実的なチャンスを感じている」と報じた。
 
 オランダ、イタリア、スペイン、フランスと、ヨーロッパの主要リーグでトロフィーを掲げてきたイブラヒモビッチ。マンチェスター・Uでもプレミアリーグでこそ首位チェルシーに勝点17差をつけられているが、2月26日のリーグカップ決勝でサウサンプトンを下し、タイトルを手に入れた35歳のベテランFWが、ついに欧州に別れを告げ新大陸に向かっても何ら不思議はない。
 
 リーグカップ優勝後、モウリーニョは選手に残留を請うことはしないと述べたが、同時に「イブラヒモビッチを説得すべく、マンチェスター・Uのサポーターは喜んで彼の自宅前でキャンプするはずだ」とも口にしている。
 
 今回、BBCというイギリスでも比較的に信憑性の高いメディアが、ロサンゼルス移籍話を報道したことで、サポーターは本当にイブラヒモビッチの自宅前でキャンプをするかもしれない。

最終更新:3/9(木) 16:06
SOCCER DIGEST Web