ここから本文です

中村優一、映画「スレイブメン」撮影の裏側を明かす!

3/10(金) 10:00配信

ザテレビジョン

3月10日(金)より全国順次ロードショーとなる映画「スレイブメン」は、映画「電人ザボーガー」(2011年)やドラマ「監獄学園-プリズンスクール-」(2015年、MBS/TBSほか)などで独特の世界観を作り上げる監督・井口昇の最新作。

【写真を見る】撮影の様子や映画の見どころについて、赤裸々に告白!?

自主映画を作るさえない青年・しまだやすゆきが、一目ぼれした美少女・小暮彩乃への報われない愛と過酷な運命を前に、偶然手にしたマスクで“スレイブメン”に変身し、運命を変えようと奮闘する姿を描く。

本作の主人公・やすゆきを演じる中村優一にインタビュー。監督・共演者との関係性や撮影の様子、映画の見どころについて聞いた。

■中村優一 インタビュー

――まず、本作に出演することになったきっかけを教えてください。

僕は一度、俳優業を辞めていたので、復帰するにあたって「もう一度、演技の勉強をしたい」と思って、井口監督のワークショップに参加させていただきました。その集大成という形で映画になり、出演できてうれしかったですし、共演者の方はほとんどワークショップに参加されていた方なので、“すごく”短い期間での撮影にもかかわらずコミュニケーションが取れていて、監督によって互いの魅力が生かされた作品になっていると思います。

――ワークショップでは、どのようなことをされたんですか?

1年間くらいで不定期に行われ、「彼女とのやり取り」みたいな日常のお芝居から、最終的には「ゾンビ」の役までやりました(笑)。アクションなどもあって、最初は普通の感じだったんですけど、途中からは井口監督の魅力的な世界観が詰まったワークショップで。「ゾンビ」の時は、みんなで壁一列に並んで反対側まで、特殊メイクもなく「じゃ、個性出して!」と言われゾンビに成り切るというシュールな光景になっていました。終わった後に、みんなが“スッ”と真顔に戻る瞬間がまた面白かったです(笑)。

――(笑)。そんなワークショップで学んだことが、撮影で生かされていると感じた部分はありますか?

監督の演技指導がとてつもなく面白くて、初対面だったら驚いて戸惑ったと思いますね(苦笑)。すでに監督のキャラクターを知っていたので思い切り挑戦できた反面、監督自身が俳優もされているので、監督の演技を見たら「それより、面白くできねーよ」って逆にプレッシャーになりました(笑)。でも、ワークショップで監督に接して、言葉や思いを共有できていたからこそ演じられた部分もあると思います。

――役作りは、監督のアドバイスを受けてされたのでしょうか?

そうですね。やすゆきがボコボコにされて、溜まった思いをお姉ちゃんに対して吐き出すシーンがあるんですが、その「気弱でいじめられっ子で、モテない」という芝居は監督からの指導が厳しかったですね。3テイクくらい撮って、どれが使われたのか分からないです(笑)。また、少しずつ運命が変化していくストーリーの中で、やすゆきの成長する姿も描かれるので、どれくらいの成長や変化を見せるのかというところは、監督と話し合いながら演じました。

――では、撮影はいかがでしたか?

夜9時までにはある程度の出演者を返さなきゃいけないとか、数十分でこのシーンを終わらせないととか、本当に時間がない中での撮影で。「撮影に10日くらい掛かるよね」と言われるのですが…実は、撮影期間は5日です(笑)。ほぼ暗くなっているのにカメラの技術で明るく見せていたり、カット数の多いアクションシーンでドタバタしたり、役どころやシーンの変化に合わせて気持ちを切り替える間もなく撮影に入ったりと、時間がなくて苦労した点は多いですね。だからこそ、ワンカットごとに一人一人が集中して結束できたとも思います。

――5日ですか!? 撮り直す時間もなさそうですね…。

最後の撮影はもう無意識な感じで、終わったら安心したのか熱が出ましたね(苦笑)。オープニング冒頭や彩乃と出会ったシーンなどハンディーカメラで撮影している映像は、実際に演じながら僕が撮った映像が使われているんです。長ぜりふで演技もしなきゃいけないし、監督からはこんな映像がほしいという要望もあったし、本当にワークショップに参加して監督や共演者とのコミュニケーションができていなかったら、現場では「できない」って戸惑うだけだったと思います。自撮りのシーンは実際の自主映画という感じで、アドリブ力も付いたと思いますし、「井口監督だったら…」とか自分なりに考えて撮影した映像が使われていたのもうれしかったです。

――まさに、監督と意識を共有できていたからこそですね。今後、挑戦してみたいと思うことはありますか?

自撮りした映像を、井口監督に「使えるじゃん」って言っていただいたので、機会があれば自分で撮ってみたいなという願望も芽生えました。あと、アクションの一部も僕がやっていて、できれば全部やりたかったのですが、時間がない中で素人の僕が「やりたいです」とは言えなくて(苦笑)。アクションにも挑戦したいですし、また井口監督作品に出させていただきたいです! 動物や物も演じてみたいですし、ワークショップでやった「ゾンビ」みたいに自分の顔が出てないような役でも挑戦していきたいですね。

――最後に、見どころや注目ポイントを教えてください。

井口監督の魅力的な世界観が詰まっていて、新しい特撮、ヒーローが誕生したと思うので、特撮が好きな男性でも女性でも楽しめると思います。あと、監督はロマンチックらしいんですけど、「ロマンチックな作品を撮れてないから、自分のロマンチックな部分を今回出せれば」と言っていました(笑)。実際、女性目線だったり、女性がキュンとしたりする作品にもなっていると思います。地球を守ったり、世界を救ったりというのがヒーロー像だと思いますが、この作品は「君だけを守る」というキャッチフレーズを頭に入れて見ていただくと、最後にどういうことなのかって腑に落ちると思います。

最終更新:3/10(金) 10:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)