ここから本文です

おぎやはぎ・矢作、帰国子女の木村佳乃に「NYは庭みたいなもの」で赤っ恥

3/10(金) 11:10配信

ザテレビジョン

3月9日放送の「アメトーーク!」(テレビ朝日系)のテーマは「ひとり旅芸人」。月に2~3回はひとり旅をしているという友近をリーダーに、おぎやはぎ・矢作兼、眞鍋かをり、フットボールアワー・岩尾望、JTBに勤務していたお笑い芸人の小島大輔がひとり旅の楽しみ方やメリットなどを語った。

【写真を見る】ココリコ遠藤の「ガラケーを使い続ける理由」に“いい話”と拍手!

「良いカメラを持った旅行者に写真を頼むと、写真も上手だしカメラを持ち逃げされない」(眞鍋)

「人気レストランやスポットも、ひとりだと予約が取りやすい」(矢作)

「満室のホテルも、キャンセル料が発生する1日前にサイトを見ると、予約できることがある」(友近)

「しつこい勧誘には英語などでなく「焼肉定食」など外国人がわからなさそうな単語を語気を強めに言えば引き下がる」(小島)

など旅慣れた彼らならではの裏ワザを次々に展開、ひとり旅の良さをなかなか理解できなかった、グループ旅行派の千原ジュニアやフットボールアワー・後藤輝基をうならせた。

また、矢作はニューヨークのSOHOをひとりで訪れた時に、おしゃれなショップで買い物をしていると、「矢作さんですか?」と女優の木村佳乃に声をかけられたとか。

「『よく来るんですか』と聞かれたので『ま、庭みたいなもんですね』なーんて初対面だったし、カッコつけて答えて別れたんです。でも、後から知ったんですけど、木村さんは中学までニューヨークに住んでたんですよ! あれは恥ずかしかった……」と、赤っ恥体験も告白した。

最終更新:3/10(金) 13:07
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)