ここから本文です

【簡単レシピ】ちくわが主役のすぐできおかず&おつまみレシピ

3/10(金) 16:30配信

東京ウォーカー

いつでもお手軽価格で手に入るちくわは、忙しくて買い物に行けないときの強い味方。ちくわがあれば、メインおかずもおつまみもおまかせあれ! 「ちくわ明太バター」は、明太子の辛みとバターの香りで、ちくわ1袋がおいしくペロリと食べられるおつまみメニュー。メインのおかずになる「納豆ちくわ天」は、納豆とちくわの相性の良さに驚く一品。ちくわに納豆を詰めるのが面倒な人は、細かく切ったちくわと納豆を混ぜて、かき揚げにしてもおいしいですよ。

【画像】ほかにもいっぱい!「ちくわ」を使ったレシピ(記事下にレシピへのリンクあり)

 

【ちくわ明太バター】(1人分140Kcal、塩分3.0g)



<材料>(2人分)

ちくわ1袋(5本)、からし明太子(ほぐしたもの)大さじ2、バター、こしょう、塩



<作り方>

(1)ちくわは縦半分に切って、長さを3等分に切る。

(2)フライパンにバター小さじ2を溶かし、1を入れて炒める。うすく焼き色がついたからし明太子を加えて炒め合わせ、こしょう少々をふる。塩で味をととのえ、器に盛る。好みでパセリのみじん切りを散らしても。



【納豆ちくわ天】(1人分416Kcal、塩分2.6g)



<材料>(2人分)

ちくわ5本、ひき割り納豆小2パック(約80g)、青じそ10枚、納豆に付属のたれ2袋、ころも(天ぷら粉1/2カップ、水70~100ml)、揚げ油、塩



<作り方>

(1)ちくわは縦に切り目を入れて開く。納豆は付属のたれを加えて混ぜ合わせる。ころもの材料は混ぜる。



(2)ちくわ1本の切れ目にしそ2枚を縦に敷き、納豆の1/5量を詰める。残り4本も同様にする。



(3)揚げ油を中温(約170℃)に熱し、1のころもに2をくぐらせて入れる。途中で上下を返しながら、カリッとするまで約3分揚げたら取り出して油をきる。器に盛って塩適宜を添え、つけて食べる。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:3/10(金) 16:30
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

今日のカレーなんにする?
夏、カレー!この一冊で全網羅
イベント&スポット総数60軒
この夏、絶対したいこと。