ここから本文です

今日からトライ!ちょっとの工夫で貯金する方法10

3/10(金) 8:00配信

コスモポリタン

「人生お金だけじゃない」と言うけれど、いざというときにお金がないのは不安なもの。でも「貯金が苦手」「あったらあっただけ使ってしまうタイプ」という人は多いのでは?

検証!共働きセレブパワーカップル6組

そんな貯金ベタさんのための「お金を貯めるためのヒント」をコスモポリタン イギリス版から。ちょっとしたコツを実践するだけで、今まで消えていったお金が少しずつでも貯まっていくかも? 簡単なことばかりなので、ぜひ参考にしてみて。

1.使っていないメンバーシップを解約する

フィットネスクラブの会員になっているものの、もう数カ月ご無沙汰…とか、動画配信サービスに加入しているのに忙しくて全然見る時間がない!など、毎月お金が掛かっているけどまったく使用していないメンバーシップがあるのなら、これを機に解約してみては? 「運動はしなきゃと思ってる」「見たい映画が出てくるかも」と思うかもしれないけど、ビジターとしてジムに行ったり、映画も1作品ごとに視聴料を払うこともできるはず。毎月定額会員料を払うより、年間で考えれば結果そのほうが安上がりってことも。

2.セールを賢く利用する

…とはいえ、日々生活しているのだからどうしても必要なものは買わないわけにはいかないはず。日ごろから各お店のセール情報をこまめにチェックし、“賢く安く“を心掛けてみて。歯磨き粉やトイレットペーパーなど、ストックできるものは安いときにまとめ買いしておくとよいかも。

3.クレジットカードやお財布ケータイの使用を控える

クレジットカードや電子マネーは便利だけど、お金を支払っている実感がなく、スイスイ支払いできるので使いすぎてしまうことも。例えば「コンビニで数百円のものをお財布ケータイで買うぐらい大したことない」と思っても、チリも積もれば山となる! 月末に「こんなに使った!?」と驚くような請求が来ても後の祭り。なるべく現金で支払うことを心掛けて。

4.朝食は自宅で、ランチはお弁当を持参

お腹が空いているとついつい買い食いしてしまうもの。それが毎日のこととなれば、毎月バカにできない金額を、小腹を満たすために投じていることに。買い食いを防ぐコツは、まず朝食を自宅でしっかり取ることから。そうすればランチまでの“買い食い癖“がなくなるはず。そしてランチはできるだけお弁当を持参するよう心掛けて。そのほうがお財布だけでなく体にも優しいので一挙両得!

1/2ページ

最終更新:3/10(金) 8:00
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。