ここから本文です

婚約破棄された英女性の、おとぎ話みたいなハッピーエンド

3/10(金) 12:00配信

コスモポリタン

以前コスモポリタンで紹介した、女性ブロガーで作家、自称“バックパッカー・ブリジット・ジョーンズ“のケイティ・コリンズさんについて書かれた記事。5年前にはフィアンセがいて、持ち家もあり、幸せな将来を約束されていた彼女。

結婚直前にフラれた女性、幸せのカギは「片道切符」!?

ところが。結婚式の数週間前、フィアンセが突然婚約を破棄。当然のことながら人生に行き詰まった彼女は、最初のショックに折り合いをつけると、大胆な行動に出ることを決意。その“大胆な行動“とは、傷ついた心を癒すため、仕事を辞め、家を売って、世界旅行に出ること! そして、その経験をブログ<Not Wed or Dead(未婚か死か)>に綴った…というのが前回の流れ。

ブログの成功により、出版の契約を取り付け、以後3冊の小説を世に出したというコリンズさん。でも、人生の大転機はそれだけにとどまらなかったよう。ブログが話題になった1年後、コリンズさんは、インスタグラム上であることを発表。

そう、コリンズさんは、ブログが話題になったおかげでつきあい始めた男性と結婚し、すでに赤ちゃんも妊娠中とのこと。まるで、嵐のようにおとぎ話が訪れた感じ!

「そしてハッピーエンドを見つけた私」と題されたブログ投稿で、コリンズさんは事の詳細を説明。「私にも信じられないくらいだから、みんなも信じられないと思うけど…」と始まった内容が下記。

「小説のネタになりそうな話ですが、私の結婚相手はジャーナリストで、私に関する記事を世に送り出した人なんです。まるで、ラブコメの中にいるみたい!」

結婚相手のジョン・シドルさんは、10年前には大学でともにジャーナリズムを専攻する仲間だったものの、ほとんど面識はなかったよう。シドルさんが地方紙<Liverpool Echo>にコリンズさんの記事を書いたことがきっかけで、2人は再会したのだとか。

「タブロイド紙が婚約破棄の一件を誇張したり(ときには歪曲したり)したとき、彼が支えてくれました。私の本が3冊出たときも、彼が側で最も大きな声援を送ってくれて、私を理解してくれたんです。オタクで、おしゃべりで、欲張りで、本が大好きで、涙もろくて、悪びれない私…そして、1度は男性から手酷い拒絶を受けた私を」

1/2ページ

最終更新:3/10(金) 12:00
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。