ここから本文です

年収150万円、名門美大修士号の夏美・27歳の嘆き

3/10(金) 18:00配信

マネーポストWEB

友人のFacebookを見るのが一番辛かった

 その後、修士課程を卒業したものの2年間なにも仕事がないままアルバイト生活を過ごした。中学校教諭専修免許状は取得していたが、すぐに教員として就職できたわけではない。

「26歳まで仕事がなくて、近くのチェーンのお寿司屋さんでアルバイトしていました。お寿司屋さんにした理由は、たまたま通りかかって募集していたからです。時給が1000円で、アルバイト代が月に10万~12万円くらいだったかな。

『ここまできたからには、細々と油を続けよう』と思い、年に1、2枚描いては友人の展示会に参加させてもらったりしていました。ただ、全然絵が売れないんですよね。友人の絵は1枚5万~10万円するのに次々に売れていくのを見て、自分には絵で食べていく才能がないんだと察した。

 一人暮らしも諦めて友達と4万円ずつ出し合ってシェアハウス暮らしを始めました。残りのお金で画材や絵の具を買ったり、生活費を捻出していて、辛かったですね。本当に貧乏生活でした。エリートになって一流企業でおしゃれデザイナー生活をしている友人のFacebookを見るのが一番辛かった」

 26歳になり、ようやく都内の中学で美術の非常勤講師の仕事が決まった。

「もともと学校も勉強も嫌いだったんですが、もう美術講師をして食べていくしかないんです。努力してないけど、なんとなく人よりも絵が上手かったというだけでここまで来たので、教育への興味も関心も熱意もない。でも、非常勤に採用してもらったことで、ようやく社会に出られたんだとホッとした。

 週に5コマ持っているのですが、非常勤なのでコマ単位の給料なんです。1コマ3000円ほどで、月に6万円くらいしか得られない。シェアハウスの家賃程度ですからね。もちろんこれだけでは食べていけないので、新しい就職先を探しながら、家の近くの喫茶店でアルバイトもしています。その2つを合わせて、月収は12万円くらい。一番節約しているのは服ですね。おしゃれは完全に諦めているし、シェアメイトの友達の服を借りることもあります」

 美大卒、修士号取得者という高学歴女子であるにもかかわらず、このままの生活が続けば年収が150万円弱になる計算だ。絵を描きながら都内で一人暮らしをすることは困難だろう。

「好きなことをやってきたはずなのに辛い。就活時代は広告代理店に行った友人たちを冷めた目で見ていたけど、自分もある程度勉強をして、しっかりと就職活動すればよかったと後悔することも多いです。修士号を持っていても、美術の場合、全然それが稼ぎに繋がりません」

 女性の高学歴層が増加傾向にある反面、社会にはまだ、彼女たちの受け皿が少ないというのが実態なのだろう。

2/2ページ

最終更新:3/10(金) 19:41
マネーポストWEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

マネーポスト

株式会社 小学館

2017年夏号
6月1日発売

定価620円

最新号の総力特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。「年内株価3倍期待の高成長株10」他、上がる株を一挙大公開。