ここから本文です

LVMHがパリで新文化施設 9月に着手

3/10(金) 10:16配信

WWD JAPAN.com

LVMHがパリで新文化施設 9月に着手

 LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(以下、LVMH)は、パリ・ブローニュの森に新たな文化施設をオープンする。アートやライブパフォーマンス、応用美術のハブとなる新施設を「ラ メゾン LVMH / アール‐タラン‐パトリモワンヌ(LA MAISON LVMH / ARTS‐TALENTS‐PATRIMOINE)」と冠し、国立民俗民芸博物館跡を改修し建設する。改修を担当するのは、2014年にパリ・ブローニュの森にオープンした文化・芸術複合施設、フォンダシオン ルイ・ヴィトンも手掛けた建築家フランク・ゲーリー(Frank Gehry)。9月に着工し、2年以内の完成を予定している。最初のパラグラグの最終分に下記をいれてください。総工費は、1億5800万ユーロ(約189億円)。

 現在の国立民俗民芸博物館跡の建物は1万5050平方メートルで8フロア。2005年にクローズしたまま、利用されていなかった。リノベーション後は、2000~4000人を収容するコンサートホールや展示スペース、ワークショップスペースのほか、最上階にはパリの街を望むレストランなどが入る予定。

 ベルナール・アルノー(Bernard Arnault)LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン会長兼最高経営責任者、フランソワ・オランド(Francois Hollande)仏大統領、パリのアンヌ・イダルゴ(Anne Hidalgo)市長、フランク・ゲーリーが出席した会見で、アルノー会長は新たな施設について、「クリエイティビティーや新たな経験・体験を集め、融合すると同時に、パリの国宝でありLVMHの成功の原点でもある職人の技を後世に残し、これらを学ぶ者を育成する場になるだろう」とコメントした。

最終更新:3/10(金) 10:16
WWD JAPAN.com