ここから本文です

レアルOBオーウェン、宿敵バルサ劇的弾に狂喜乱舞 節度を疑う声…背信セレブレーションで大炎上

3/10(金) 12:30配信

Football ZONE web

自分がゴールを決めたかのように大騒ぎしたオーウェン

 バルセロナはUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦パリ・サンジェルマン(PSG)との本拠地第2戦で6-1と大勝。敵地第1戦で0-4という大敗を喫していたバルサは2戦合計6-5というサッカー史に残る大逆転劇で準々決勝進出を果たした。全世界を興奮の渦に巻き込んだ後半アディショナルタイムのDFセルジ・ロベルトの決勝弾に、永遠の宿敵レアル・マドリードOBが狂喜乱舞。背信のセレブレーションで大炎上している。

「2017移籍金評価額トップ100」を発表! 欧州5大リーグで100億円を超えるのは…

 全世界が生中継した名勝負をイングランドでは衛星放送「BTスポーツ」が中継していた。スタジオにはご意見番の元名古屋グランパスFWギャリー・リネカー、元マンチェスター・ユナイテッドDFリオ・ファーディナンド、元リバプールMFスティーブン・ジェラードに加え、そこにはかつてレアル・マドリードでプレーしたマイケル・オーウェンもいた。いずれもイングランド代表で活躍した猛者だが、5-1で迎えたアディショナルタイムの奇跡に全員が我を忘れてしまったようだ。

 FWネイマールのループパスに、セルジ・ロベルトがスライディングでゴールを決める瞬間、ファーディナンドが「オーマイガー!」と絶叫しながら立ち上がる。リネカーは両手を広げ、ジェラードも何度もジャンプする大興奮状態だが、一番リアクションが大きかったのはオーウェンだった。

 まるで自分がゴールを決めたかのようにスタジアム内を大騒ぎしながらダッシュ。バルサの大逆転勝利を拍手で祝福しながら座席に戻って来た。

SNS炎上「恥だ」、視聴者は冷ややかな視線

 英地元紙「ザ・サン」は「視聴者はオーウェンがバルサの宿敵レアル・マドリードでプレー経験があることを即座に指摘した」と断罪。2004年から05年までサンチャゴ・ベルナベウでプレーしたオーウェンはバルサ勝利へのはしゃぎぶりからSNS上で炎上している。

「マイケル・オーウェンは最近ベルナベウでレアル・マドリードから表彰された。今日バルサのゴールに喜び走り回った。恥だ」
「元レアル・マドリードのマイケル・オーウェンは彼が決勝弾を決めたかのように走り回った」
「むむむ。これが銀河系軍団マイケル・オーウェンのバルサ6点目のリアクションなのか」
「バルセロナの勝利に喜びのあまりに走り回るレアル・マドリードの元選手を愛するしかない。古巣へのすごい忠誠心だ」
「レアル・マドリードでプレーしながら、バルセロナの決勝弾に喜べるメンタル。マイケル・オーウェンすぎる」

 ツイッターではオーウェンの節度を疑う声で炎上している。かつてリバプールで活躍したオーウェン氏だが、宿敵マンチェスター・ユナイテッドに移籍するなど裏切りの過去も重なり、サポーターは冷ややかな視線を浴びせている。元祖ワンダーボーイの大炎上も伝説の逆転勝利の余波と言えそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:3/10(金) 12:30
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新