ここから本文です

ヴェンゲル後任、本命はユーベ指揮官? 英紙がアーセナル次期監督を予想

3/10(金) 23:00配信

フットボールチャンネル

 アーセン・ヴェンゲル監督は、今シーズン限りでアーセナルを去るものとみられている。英紙『デイリー・メール』は、ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督を後任の本命とした。

リーグでも低迷するアーセナル プレミアリーグ【最新順位表】

 1996年からアーセナルを指揮するヴェンゲル監督は、今シーズン限りで現行契約が満了する。以前から退任の噂は出ていたものの、今週のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグ・バイエルン戦で大敗したことで、その声はより大きなものとなった。

 ヴェンゲル監督の退任を確実視する見方は強く、『デイリー・メール』は後任監督の予想を始めている。同メディアが最有力候補としたのが、アッレグリ監督だ。

 アッレグリ監督は、以前からアーセナル行きが噂される指揮官だ。同紙はユベントス監督がイタリア以外での経験がないことを指摘しながらも、それは今シーズンからチェルシーを率いているアントニオ・コンテ監督も同じだと強調した。イタリアの一部の専門家はアッレグリがコンテ以上の戦術家であると語っており、十分に可能性があるとみている。

 2人目にはアトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督の名前が挙がった。アトレティコをスペインでレアル・マドリーとバルセロナに割って入るチームにしたことは、アーセナルが長く望んできたことをそのままスペインで成し遂げているということだ。

 ボルシア・ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督もアーセナル行きが噂される一人。こちらは残りの契約があと1年となっているため、契約延長がなければ比較的引き抜きやすいという点で可能性はある。ただ、主要タイトルを獲得した経験がないという点はアーセナルのフロントにとって見逃せないポイントともみているようだ。

 そのほかにバルセロナを今シーズン限りで去ることを発表したルイス・エンリケ監督やボーンマスのエディ・ハウ監督、モナコのレオナルド・ジャルディム監督らの名前を挙げている。

 アーセナルは実際のこの中からヴェンゲル監督の後任を探しているのだろうか。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)