ここから本文です

有料会員数が1年で約13倍! ガーディアンのノーガード戦法

3/11(土) 8:10配信

DIGIDAY[日本版]

英ガーディアン紙は、有料会員による収益を飛躍的に増加させている。有料会員の数はなんと過去1年間で、1万5000人から20万人に伸びた。

有料会員増の秘訣は消費者との関係構築にアリ、その詳細は…

ガーディアンの会員プログラムは2014年に開始され、広告収入の減少に対抗する形で去年1月にプロモーションが強化された。単発の寄付も10万件集めたそうだ。

現在、彼らが掲げる目標は、さらに壮大だ。2019年4月までに、100万人の有料会員数に達することがゴールだという。

ペイウォールではない

メンバーシップ、マーケティング、コンシューマー収益のマネージングディレクターであるデーヴィッド・マグリアーノ氏は述べる。「弊紙の会員プログラムは、ただペイウォールに別名をつけたものではない。なぜなら会員になった人々は、特にエクストラのコンテンツや彼らだけが閲覧できるものがあるわけではないからだ。彼らは、ただガーディアンのジャーナリズムが、オープンな状態で維持されることが重要だと同意してくれているために登録している」。

ガーディアンの会員プログラムには、3つの有料会員プランがある。毎月5ポンド(約700円)を払う「サポーター」、毎月15ポンド(約2100円)を払う「パートナー」、そして毎月60ポンド(約8400円)の「パトロン」だ。イベントの際は優先予約やディスカウントなどの特典が得られる。

ガーディアンは特に「サポーター」のプランをプロモーションしている。事実、会員登録の大部分はサポーターだという。収益に関して具体的な数字は公表しないが、20万人がひと月に最低5ポンド(約700円)を支払っているとすると、毎月100万ポンド(約1億4000万円)が入ってくる計算だ。これは年間では1200万ポンド(約17億円)になる。会員プログラムに従事している従業員は、どんなときでも50人ほどはいるという。業務内容はデータ、デベロッパー、マーケティング、ユーザーエクスペリエンス、ジャーナリズムとさまざまだ。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

DIGIDAY[日本版]

株式会社メディアジーン

デジタルマーケティング戦略情報に特化した
USブログメディア「DIGIDAY」の日本版。
国内外の最新情報を独自視点でお届けします。